サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

ハリル記者会見に新事実は何も出ず……。
日本サッカーの未来が見える試合とは。

posted2018/04/28 12:00

 
ハリル記者会見に新事実は何も出ず……。日本サッカーの未来が見える試合とは。<Number Web> photograph by Kyodo News

予定時間を大幅に超えて熱弁を振るったハリルホジッチ氏だが、浮き彫りになったのは協会との見解の相違だけだった。

text by

戸塚啓

戸塚啓Kei Totsuka

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 新しい事実は、何も出てこなかった。

 4月27日に行なわれた、ヴァイッド・ハリルホジッチ前日本代表監督の記者会見である。

 日本サッカー協会の田嶋幸三会長が解任の理由にあげた「コミュニケーション不足と信頼関係の薄れ」について、ハリルホジッチ前監督は全面的に否定した。コーチングスタッフとは「毎週月曜日に定例のミーティングを開き、それ以外にもミーティングを開き、試合を視察し、レポートを作っていた。毎日色々な作業をやっていた」と、日々の仕事のなかでコミュニケーションが取れていたことを説明した。

 選手とのコミュニケーションについても、「問題なし」を強調した。

 今年2月に海外組の長谷部誠、吉田麻也、長友佑都、川島永嗣らのもとを訪れた際に、彼らのモチベーションの高さを感じたと語った。解任を宣告された後には、15人ほどの選手から励ましの連絡を受けたと言う。はっきりとした言及のなかった信頼関係については、スタッフや槙野智章からのメッセージを紹介することで説明をつけた。

「誰も何も教えてくれなかった」

 田嶋会長の説明によれば、「チームが最善の方向へ行くようにサポートしてきた。(技術委員長当時の)西野さんは最後までハリルホジッチさんをサポートした」とのことだが、ハリルホジッチ前監督の皮膚感覚とはここでもズレがある。

「問題があったのなら、西野さんが何かインフォメーションをしてくれても良かったのに」と言い、「誰も何も教えてくれなかった」と語気を強めた。

 だとすれば、ハリルホジッチ監督は被害者なのか。

【次ページ】 田嶋会長は「多くの議論があった」と。

1 2 3 4 NEXT
ヴァイッド・ハリルホジッチ
田嶋幸三
西野朗
ロシアW杯
ワールドカップ

ページトップ