JリーグPRESSBACK NUMBER

平山相太の愛されすぎ“怪物伝説”。
マック禁止、看板キック、投げキス。

posted2018/03/07 17:00

 
平山相太の愛されすぎ“怪物伝説”。マック禁止、看板キック、投げキス。<Number Web> photograph by Getty Images

規格外の体格と、言動。将来を嘱望された頃とは違う立ち位置だが、平山もまた日本サッカーの1ページに刻まれる選手だ。

text by

木本新也

木本新也Shinya Kimoto

PROFILE

photograph by

Getty Images

 もしオランダでもう1年踏ん張っていたら、もしケガさえなければ……。

 勝負の世界に「たら、れば」が御法度であることは重々承知しているが、そう思わずにはいられない。かつて“怪物”の名をほしいままにした平山相太が、12年半の現役生活にピリオドを打った。

 32歳。プロ1年目の2005年に、「3大会連続出場を目指す」と目標に掲げたW杯の舞台に立つことなくスパイクを脱いだが、そのキャリアはまさに波乱万丈だった。

 筑波大を休学('06年4月に自主退学)して、'05年8月にオランダ1部ヘラクレスに入団した。'05-'06シーズンは、デビュー戦となった同20日のデンハーグ戦でゴールを決めるなどチーム最多8得点を記録。11月20日のRBC戦では、華麗なテクニックでマークをかわして鮮やかな左足ボレーを決めるなど、強烈なインパクトを残した。

 当時、ヘラクレスの監督を務めていたのが元ジェフ市原(現千葉)のボス監督。月2回程度のペースで、平山に個別で戦術レクチャーを施すなど自ら獲得に動いたストライカーを1人前に育てようと手ほどきをした。

“マック禁止令”なのにファストフード。

 だが、'06年夏にボス監督がフェイエノールトに引き抜かれると、環境が一変する。'06-'07シーズンの始動日に平山が体重オーバーで姿を現すと、ブローノ新監督から激昂された。オランダの食事に馴染めずにファストフードに走り、クラブから“マクドナルド禁止令”が出されていた中での失態だった。

「やる気がないなら練習に来なくていい」

 ゲキを飛ばしたつもりの強化担当者からの言葉を、戦力外通告と受け止めた。

 当時は欧州クラブに在籍する日本人が少なく、周囲に愚痴をこぼせる相手はいなかった。孤立を深めて、'06年9月に退団。失意の帰国のはずが成田空港で「日本に帰って来られて、うれしい。日本が恋しかった」と笑顔で語り、大挙した報道陣を仰天させた。

【次ページ】 投げキスに同僚から「キモい」と酷評。

1 2 3 NEXT
1/3ページ
関連キーワード
平山相太
FC東京
小嶺忠敏

ページトップ