月刊スポーツ新聞時評BACK NUMBER

「そだねー」「もぐもぐ」とオヤジ達。
カーリング女子に染まった日本列島。 

text by

プチ鹿島

プチ鹿島Petit Kashima

PROFILE

photograph byRyosuke Menju/JMPA

posted2018/02/28 18:00

「そだねー」「もぐもぐ」とオヤジ達。カーリング女子に染まった日本列島。<Number Web> photograph by Ryosuke Menju/JMPA

一番前は吉田知那美、2列目左は鈴木夕湖、右は吉田夕梨花、3列目左は本橋麻里、右は藤澤五月。

「そだねー」「そだね~」の連打!

「カー女 もぐもぐ注文10倍 美味し『そだねー』と注目!!」(2月21日)

 カーリング女子が地元北見の銘菓「赤いサイロ」を食べる様子が注目され、店に注文が殺到しているという記事。「そだねー」が紙面にあふれ出した。

 このあとは「そだねー」の乱れ打ち。

「メガネ先輩に韓敗です カー女 銅があるよ そだねー!!」(2月24日)

 要は韓国には接戦の末に負けたが3位決定戦があるという意味なのだが「そだねー」がもれなくついてくる。ああ、おじさんに覚えられてしまった。

「もぐもぐタイム」に「そだねー」。

 すーっとすべりながらストーンを投げるように、おじさんもすーっとカーリング女子に近づいてきた感がある。

 そして遂に銅メダルを獲得。

「カー女は銅だよ!! そだね~ 逆転できたよ!! そだね~」(2月25日・1面)

 間違いない。「そだね~」はもうオヤジのものだ。

 もし今後あなたが「そだね~」を使うなら、たとえ若くてもたとえ女性でも、あなたはおじさんなのである。

『日刊ゲンダイ』が「バカじゃないか」と。

 では、タブロイド紙は「カーリング女子」をどう伝えたか。強烈な見出しがあった。

「『もぐもぐタイム』だとか『検索ランキング上昇』だとかバカじゃないか」(2月22日付)

 辛口でおなじみ『日刊ゲンダイ』である。それにしても炸裂している。

「バカじゃないか」

 ゲンダイ師匠のお叱りはもちろん選手に向けてのものではなく、「奮闘するカーリング選手をスポイルするテレビ局」なのだ。「競技とは無関係のささいな話題を誇大、拡大、誇張して視聴者の関心を引きつける」行為を叱っているのだ。

 しかし、銅メダルを獲得したあとは、

「『そだねー』『もぐもぐタイム』で大人気 カー娘にCMオファー殺到」(2月27日付)

『日刊ゲンダイ』も一気にメロメロになっていたのである。

【次ページ】 『夕刊フジ』が最後に出した驚愕の文字。

BACK 1 2 3 NEXT
藤澤五月
吉田知那美
吉田夕梨花
鈴木夕湖
本橋麻里
平昌五輪
オリンピック

ページトップ