Sports Graphic NumberBACK NUMBER

37歳の挑戦・葛西紀明 「あの悔しさが忘れられない」 ~特集:バンクーバーに挑む~ 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byMakoto Hada

posted2009/12/05 08:00

37歳の挑戦・葛西紀明 「あの悔しさが忘れられない」 ~特集:バンクーバーに挑む~<Number Web> photograph by Makoto Hada

 30代も後半へと差しかかった、かつての日本のエースが今ここへきて輝きを取り戻している。
あの日の悔しさをバネに、あの悲願を達成するために、「カミカゼ・カサイ」は今日も飛ぶ。

 8月の欧州遠征から帰国して2日後。大倉山ジャンプ台に姿を見せたジャンパーの表情は明るかった。

「だんだんタイミングが合ってきている気持ちがする。このままの調子で行けば、また世界のトップに立てるんじゃないかって思うんですよ」

 葛西紀明である。

 ワールドカップ優勝は、船木和喜と並び、日本選手ではトップの通算15勝。

写真

今年2月、ドイツ・ビリンゲンで行なわれたノルディックW杯で個人3位入賞。2年ぶりの表彰台に立った

 世界選手権には9度出場し、獲得したメダルは銀2、銅4。

 オリンピックもまた5度の出場を数え、銀メダルを1個獲得している。

 37歳になった今も日本代表の中心にある。

 30歳が近くなれば引退してもおかしくないジャンプ競技では、異例といってもよい。

 他の選手がこんなことを言うのを聞いたことがある。

「葛西さんの練習へ打ち込む姿勢はすごい。みんなが休んでいるのに一人で黙々と走っていることもある。本当にすごいです」

 何が葛西を、今なおストイックに、真摯にジャンプへと向かわせるのだろうか。

真っ先にV字ジャンプに取り組んだパイオニア。

 葛西は北海道の下川町に生まれた。旭川から40分ほど列車に乗り、降りた駅から車で20分ほど行った雪深い町だ。

 町にはジャンプ台と、ジャンプ少年団があった。小学3年のとき、葛西は友達に誘われてジャンプを始めた。

 以前、下川町を訪れたとき、葛西のその頃のエピソードを耳にしたことがある。

「小さい頃から本当に練習が好きでね。自分でこれくらいやると決めたら必ずやる子どもだった。驚くほどだったね」

 今日の練習への取り組みは、子どもの頃からのものである。

 練習熱心が実を結び、葛西は小学生時代から大会で結果を残す。高校に進学すると、1年生にして早くもワールドカップに参戦し、世界選手権代表にも選ばれている。

 当時、ジャンプ界には「V字ジャンプ」の旋風が吹き荒れようとしていた。従来、理想とされてきたフォームとはかけ離れた飛び方は、まさに革命であった。あまりにも大きな変化ゆえに、日本のジャンプ界は対応に立ち遅れたが、その中で真っ先にV字ジャンプに取り組んだ先駆的存在となったのも、葛西である。

<次ページへ続く>

► 【次ページ】 V字ジャンプを独自に改良した「カミカゼ・カサイ」。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
葛西紀明
ウィンタースポーツ
オリンピック
バンクーバー五輪

ページトップ