“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

浦和→代表→海外のはずが……。
19歳伊藤涼太郎、J2水戸で再出発。

posted2017/10/20 10:30

 
浦和→代表→海外のはずが……。19歳伊藤涼太郎、J2水戸で再出発。<Number Web> photograph by Takahito Ando

1年目の時にイメージしたプロ生活とは違うかもしれない。それでも伊藤はまだ序列を一気に好転させるポテンシャルの持ち主である。

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph by

Takahito Ando

「開幕ベンチもJデビューも思い通りと言うか、想定していたサッカー人生だった。……でも、そこからの期間は本当に苦しかったし、『何でやろ』と思った日々もあった」

 浦和レッズにとって5年ぶりの内部昇格以外の高卒新人となった、伊藤涼太郎という選手がいる。

 昨シーズン作陽高校から浦和に加入した彼は大きな期待を背負っていた。ルーキーイヤーにいきなり開幕戦でベンチ入りを果たすと、4月29日のJ1第9節の名古屋戦で途中出場し、早くもトップデビューを果たした。

「僕の目標はあくまでA代表に入ることと、世界に出てプレーすること。レッズでレギュラーを掴むことが出来れば、そのままA代表という道が見えてくると思っている」

 入団前から思っていることをはっきりと口にする強気の性格で“ビッグマウス”とも表現されたルーキーは、華々しいスタートを切ったかに見えたが、すぐに浦和での厳しい生存競争の中に飲み込まれた。

出番から遠ざかって「色んな歯車が狂った」。

 ベンチ入りメンバーから外れ、公式戦の日は大原グラウンドで汗を流す日々。ルーキーとしては当たり前のこだが、派手な船出を飾った彼にとっては、落差の大きい状況だった。

「どんどん(出番から)遠ざかっているのが分かったし、U-19日本代表も(2016年)5月の韓国遠征に呼ばれたきり、一切呼ばれなくなってしまった。この辺りから自分自身もちょっとおかしいと言うか、いろんな歯車が狂ってしまった」

 浦和で起用が想定されたポジションはボランチ。そこには阿部勇樹、柏木陽介、青木拓矢、遠藤航ら百戦錬磨の選手がひしめく超激戦区のポジションである。そこに高卒ルーキーが簡単に割って入れるような状況ではなく、周りから見てもしばらくは我慢が必要なのは明らかだった。

 当然、彼自身もこのような状況は覚悟の上の浦和入りだった。だが現実に直面すると、狼狽してしまう自分がいた。毎日のように悔しさを味わいながらも、必死で打開策を見つけようとした。

【次ページ】 「律も久保くんも……悔しい想いしかなかった」

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/5ページ
関連キーワード
伊藤涼太郎
浦和レッズ
水戸ホーリーホック

ページトップ