月刊スポーツ新聞時評BACK NUMBER

巨人vs.DeNAは清宮幸太郎にも影響!?
プチ鹿島9月のスポーツ新聞時評。

posted2017/10/02 17:45

 
巨人vs.DeNAは清宮幸太郎にも影響!?プチ鹿島9月のスポーツ新聞時評。<Number Web> photograph by Katsuro Okazawa

高校時代に出場した3度の夏の甲子園で、唯一の敗戦となった1984年決勝の取手二高戦。10回表のマウンドに立つ桑田真澄。

text by

プチ鹿島

プチ鹿島Petit Kashima

PROFILE

photograph by

Katsuro Okazawa

「さぁ0差 伝説10・8再現!!」(9月29日)

 桑田真澄がマウンド上で歓喜する1994年の「伝説」シーンを一面に持ってきたスポーツ報知。

 遂に0差だというお祭り&決戦感。ああ、秋です、天王山です。

 しかしこれ、3位争いなのである……。優勝争いではない……。

 いや、これぞスポーツ新聞!

 横浜DeNAと巨人のセ・リーグの激烈な3位争いは、両チームのファンにとってはドキドキハラハラの毎日。巨人一筋のスポーツ報知が興奮するのも当然である。

「白なのに黒だとは書かない。負けたのに勝ったとは書かないし、打ってもないのに打ったとは書かない。でも……何て言ったらいいんだろう。スポーツ新聞です。ここだけの話だけど、記事を書く時は少し盛り気味に書きます」

 デイリースポーツの名物コラム『松とら屋本舗』の一節である(2016年3月30日)。

「嘘は書かないが盛り気味に書く」という部分を馬鹿にしてはいけない。これは新聞(送り手)と読者(受け手)に信頼関係が成り立ってるからこそできる芸だと思う。

 偏っていることを前提にして楽しむ所作が求められるスポーツ新聞。実はリテラシーが高い。読者と新聞とが、理想的な関係を結んでいる。

ドラフトの結果にも影響した……3位と4位の関係。

 ちなみに私がこの3位争いでひそかに注目しているのは今月末のドラフト会議だ。

 早実の清宮幸太郎を多くの球団が1位指名するはず。

 当然ながら、ペナントレースの3位球団と4位球団ではくじ引きの順番が異なる。横浜DeNAと巨人が清宮を指名するかどうかはわからないが「あのとき頑張って3位になってよかった、クジの残り物には福があった」なのか、それとも「今年は散々だったけど4位で早めにクジを引けてよかった、最後に福があった」なのか。

 ドラフトの結果次第では後世まで語れる3位争いかもしれない。

 盛り上がった3位争いについて書いたが、「広島カープ連覇」「福岡ソフトバンク2年ぶりV」も9月。強すぎて優勝が早すぎて、なんだか懐かしい。

【次ページ】 セパ同時優勝で盆と正月状態の新聞に!?

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
桑田真澄
清宮幸太郎
荒木大輔
広島東洋カープ
読売ジャイアンツ
横浜DeNAベイスターズ
クライマックスシリーズ
ドラフト会議

ページトップ