スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

夢の実現を3年繰り上げた多田修平。
走りまくって世界のメダリストに。

posted2017/08/18 11:30

 
夢の実現を3年繰り上げた多田修平。走りまくって世界のメダリストに。<Number Web> photograph by AFLO

多田修平は、頬をふくらませてスタートに備える。笑った顔とのギャップも含め、また多くの人の心をつかんだに違いない。

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph by

AFLO

 男子4×100mリレー。

 日本チームは予選第1組を38秒21でつなぎ3位で通過したが、第1走者・多田修平(関西学院大3年)の表情は冴えなかった。

 得意のスタートで持ち味を発揮することができず、第2走者・飯塚翔太へのバトンパスもスムースとは言えなかったからだ。

 多田は直線が得意だ。第1走者はカーブを走らなければならないから、潜在的な苦手意識が影響したのかもしれなかった。

 決勝は夜の10時前にスタートする。スプリンターたちの午後の過ごし方は様々だ。昼寝をする選手も少なくないが、多田はいつも寝ないことにしている。

 この日、夕方の4時半からチーム・ミーティングがあったがその席上、コーチからショッキングな言葉が飛び出した。

「オーダーを変えます」

 多田は一瞬、「あれ、自分のことかな?」と思った。

 予選の走りが納得できるものではなかったからだ。替えられてもおかしくなかった。

 しかし、変更になったのはアンカーだった。ケンブリッジ飛鳥から、リレー要員としてロンドンに来ていた藤光謙司にメンバーが変更になった。

 多田はもう一度、走るチャンスをもらえたことがうれしかった。

決勝前に40分以上待たされるアクシデント。

 そして、夜の決勝。

 満員のスタンドは、ボルトのラストランと地元イギリスの走りに期待していた。異様な熱気が醸成されていた。

 決勝を前に選手たちは、招集所からレースまで40分以上も待たされたという。ジャマイカ・チームのヨハン・ブレイクは、それがウサイン・ボルトの故障を誘発した原因ではないか――とメディアに語ったほどだ。

【次ページ】 多田は最初にコールされ、会場に会釈。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
多田修平

ページトップ