“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

鳥栖からブンデス入りの鎌田大地。
「わがまま」だった高校時代は……。

posted2017/07/16 08:00

 
鳥栖からブンデス入りの鎌田大地。「わがまま」だった高校時代は……。<Number Web> photograph by J.LEAGUE PHOTOS

20歳での海外移籍というと、21歳でドルトムントへ移籍した香川真司よりも早い。期待度の高さが感じられる。

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph by

J.LEAGUE PHOTOS

 20歳の若武者は、海を越えてもその才を存分に発揮している。

 サガン鳥栖から日本代表のキャプテン・長谷部誠が所属するフランクフルトに移籍をしたMF鎌田大地は、来季に向けて始動したチームに合流すると、7月4日のヘフトリヒとの練習試合でスタメン出場を果たした。

 立ち上がりの4分に相手マークを剥がす動きで裏のスペースに顔を出し、ボールを受けると正確なラストパスで先制弾をアシスト。挨拶代わりのプレーを見せると、18分には今度は頭で追加点をアシスト。2アシストという最高のデビュー戦を飾り、早くも期待の戦力として注目を集めている。

 京都の東山高校から2015年に鳥栖に入団した時は、ルーキーイヤーの4月8日に行なわれたナビスコカップ(現・ルヴァンカップ)の新潟戦でトップチームにデビューし、5月10日の松本戦でJ1リーグの初陣を踏んだ。以降、トップ下やボランチとしてコンスタントに試合に出続け、1年目でリーグ21試合出場3得点をマーク。

 2年目となった昨年はスタメンに定着し、リーグ28試合出場で7得点をマーク。3年目の今年は背番号が24から7に変わり、絶対的な存在としてチームに君臨。そして、6月にフランクフルトに4年契約の完全移籍が発表された。

高校時代は、最前線のストライカーだった。

 鳥栖での鎌田のイメージは“パサー”だが、高校時代は全く違った。パスももちろん非凡なものを持っていたが、彼が最前線で仕事をするストライカーだったことは、あまり知られていない。

 それもそのはず、彼の高校3年間は、全くと言って良いほど無名の存在だったからだ。

 G大阪ジュニアユースから京都の古豪・東山高校に進学した彼は、センターフォワードとして1年時から出番を掴み、高2で一気にその才能を開花させた。

 彼はプリンスリーグ関西で“無双”と形容するに相応しい活躍を見せたのだ。背番号14を背負い、180cmの高さとフィジカルの強さを持ちながらも、アジリティーとずば抜けたボールコントロール、シュートバリエーションに秀でた万能型ストライカーとして、前線で大暴れした。

【次ページ】 ボールを受けると、時間が一瞬止まる!?

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
フランクフルト
長谷部誠
鎌田大地
サガン鳥栖
東山高校

ページトップ