F1ピットストップBACK NUMBER

佐藤琢磨の快挙がホンダの勇気に。
インディ500制覇、F1界からも祝福。

posted2017/06/04 09:00

 
佐藤琢磨の快挙がホンダの勇気に。インディ500制覇、F1界からも祝福。<Number Web> photograph by AFLO

恒例のウィナーズ・ミルクを掲げる佐藤琢磨。半分ほど飲んだ後はミルクを頭からかぶって喜びを爆発させた。

text by

尾張正博

尾張正博Masahiro Owari

PROFILE

photograph by

AFLO

 今年のモナコGPはセバスチャン・ベッテルがトップでチェッカーフラッグを受けた後も“レースが続いた”。

 モナコGPが終了してから約2時間半後、アメリカのインディアナポリスで、F1モナコGP、ル・マン24時間とともに世界三大レースのひとつに数えられているインディ500が始まろうとしていたからだ。

 特に今年は現役のF1ドライバーであるフェルナンド・アロンソが参戦するとあって、F1界もインディ500に大きな関心を寄せていた。アロンソの所属しているマクラーレンは、ライブストリーミングをモーターホーム内の大画面に映し出し、チームスタッフはもちろん、他チームのレース関係者やメディアも招待して、F1界一丸となってアロンソを応援していた。

一時トップのアロンソのリタイアで悲鳴が上がったが。

 その声援を受け、アロンソも見事な走りを披露した。予選で2列目5番手を獲得しただけでなく、スタートから37周目にはトップを快走してみせた。

 この走りには、マクラーレンのモーターホームで応援していた人々だけでなく、メディアセンターにいたジャーナリスト、カメラマンたちも興奮していた。

 メディアセンターにあるモニターは通常レースが終了するとF1のレースを再放送するのだが、この日はメディアセンターの半分のモニターがインディ500の中継に切り替えられ、オーバーテイクやクラッシュのたびに、あちこちから歓声が挙がっていたほどだ。

 そんな中で、この日最も大きな悲鳴が起きたのは、179周目のメインストレートでアロンソがエンジンから白煙を上げながらスローダウンした瞬間だった。

【次ページ】 F1に参戦していた琢磨とチルトンの走りに注目が。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
佐藤琢磨
インディ500
F1

ページトップ