F1ピットストップBACK NUMBER

セナのヘルメットに震えが止まらず。
偉業に並んだハミルトンの敬意。

posted2017/06/18 07:00

 
セナのヘルメットに震えが止まらず。偉業に並んだハミルトンの敬意。<Number Web> photograph by AFLO

通算ポールポジション獲得回数で並んだセナのヘルメットをプレゼントされ、ハミルトンはいとおしげに掲げた。

text by

尾張正博

尾張正博Masahiro Owari

PROFILE

photograph by

AFLO

「学校から帰宅したら、アイルトンのビデオテープをよく見ていたね。だからいま、ここで彼の記録に並んだことが信じられない。この気持ちは言葉になんかできないよ」

 6月10日に行われたカナダGP公式予選でポールポジション(PP)を獲得したルイス・ハミルトン。2戦前のスペインGPで通算64回目のPPを獲得していたハミルトンは、このPPで伝説のドライバー、アイルトン・セナが持つF1歴代2位の65回に並んだ。

 子どものころセナがヒーローだったというハミルトンにとって、歴代2位とはいえ、セナの記録に並んだことは特別な意味を持っていた。セナは予選で常に速く、PPはセナの代名詞と言われたほどだったからだ。

 F1ではPPを獲得してもポイントは与えられない。それでも、セナが予選でPPを狙い続けたのは、もちろんレースに向けて絶好のポジションからスタートして有利に戦うという戦略的な意味もあったが、それ以上に純粋に最速を目指すというレーシングドライバーの本能によるところが大きかった。

セナが「孤高のチャンピオン」と称される理由。

 かつて、あるレーシングドライバーに「グランプリの週末で最も緊張する時はいつか?」と尋ねたことがある。レースのスタートの瞬間かと思ったら、「予選」だと言う。その理由は「レースは周りに相手がいるので、いかに冷静に状況を判断するかが大切だが、単独で走る予選はマシンの性能をフルに引き出すために、100%集中して走ることができるから」だと説明した。

 それゆえ、予選前にガレージに向かう途中でファンにサインを求められても、ほとんどのドライバーは応じない。レーシングドライバーにとって、予選はマシンと自らの限界を賭けた孤独な戦いなのである。その予選で圧倒的な速さを披露し続けたセナが「孤高のチャンピオン」と称される理由もそこにある。

【次ページ】 シューマッハーはセナを最速の男として尊敬した。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
アイルトン・セナ
ルイス・ハミルトン

ページトップ