F1ピットストップBACK NUMBER

ファンと交流進めるF1で心温まる話。
フェラーリとライコネンの神対応。

posted2017/05/24 08:00

 
ファンと交流進めるF1で心温まる話。フェラーリとライコネンの神対応。<Number Web> photograph by Masahiro Owari

トマくんは、ライコネンから手渡されたサイン入りキャップを手に満面の笑みを浮かべた。

text by

尾張正博

尾張正博Masahiro Owari

PROFILE

photograph by

Masahiro Owari

 あるチームとドライバーが行った心温まるファンサービスが、世界中の話題を集めた。フェラーリと、キミ・ライコネンだ。

 きっかけはテレビカメラがとらえた子供の泣き顔だった。第5戦スペインGPのスタート直後にライコネンを含む3台が絡む多重事故が発生。サスペンションにダメージを負ったライコネンはオープニングラップでリタイアした。泣いている件の子供の姿がとらえられたのはその直後。全身フェラーリ・ウェアに包んでいたので、その子供がフェラーリ・ファンであることは明らかだった。

 その姿に心を痛めたのが、フェラーリのスタッフだった。「チームで話し合い、その子供を探し出そうと、国際映像を管理しているFOMのスタッフに電話を入れた」(フェラーリ広報)のである。

「ガッカリさせてすみません。お詫びなのですが……」

 テレビカメラの位置から映し出されたスタンドを特定したフェラーリのスタッフは、満員のスタンドから泣いていた子供を発見。その子供の名前は、トマ・ダネルくん。フランスから両親とともに観戦に訪れていた6歳の少年だった。

 トマくんを探し出したフェラーリのスタッフは、家族にある提案を行う。「ガッカリさせてすみません。お詫びに私たちと一緒にフェラーリのモーターホームへ行きませんか?」

 モーターホームとは、レース関係者しか立ち入ることができないパドックに設置されているチーム関係者用の建物だ。F1には「パドックパス」と呼ばれる、高級社交エリアに入ることができるパスが1枚約50万円で販売されているが、そのパスでも実際のパドックに入ることはできない。

 実はF1のパドックに入場できるパスは一般には販売されておらず、チームが接待用に配布しているVIPパスを手に入れるしかない。

 ただし、このパスの数はFOMによってチームごとに決められており、ドライバーの家族やチームの株主が優先される。VIPの中のVIPしか手に入れることができない特別なパスなのだ。フェラーリはそのパスをトマくんだけでなく、一緒に観戦していた両親を含めた家族3人分用意し、モーターホームがあるパドックに案内したのだ。

【次ページ】 リタイアしたライコネンからサプライズのプレゼント。

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
フェラーリ
キミ・ライコネン

ページトップ