オリンピックPRESSBACK NUMBER

パウエル直伝のスタート&肉体改造。
“関西発”100m走の新星・多田修平。

posted2017/05/29 07:30

 
パウエル直伝のスタート&肉体改造。“関西発”100m走の新星・多田修平。<Number Web> photograph by AFLO SPORT

多田(写真右端)は、ガトリン、ケンブリッジらと比べると、ひときわ細い身体に見えるが……。

text by

別府響(Number編集部)

別府響(Number編集部)Hibiki Beppu

PROFILE

photograph by

AFLO SPORT

 ひときわ低くスタートを切った細身のシルエットは、一気に先頭に立つと70m付近でもまだ、先頭をキープしていた。

「おおぉー」

 快晴の空の下、等々力陸上競技場に集まった1万5000人の観客からこの日一番のどよめきが起きる――。

 5月21日に神奈川で行われた、ゴールデングランプリ川崎。大注目はもちろん、ケンブリッジ飛鳥(ナイキ)やサニブラウン・ハキーム(東京陸協)らによる日本人初の9秒台が期待される、男子100mだった。

 さらにこのレースには五輪・世界選手権でも活躍し、9秒74の自己ベストを持つジャスティン・ガトリン(米国)も出場予定で、それが盛り上がりに拍車をかけていた。

 だがそのレースで、冒頭のように一番の歓声を浴びたのは、ガトリンでもケンブリッジでもなく、3位に入った20歳の新星・多田修平(関西学院大)だった。

ガトリンが絶賛した、そのスタート技術。

「スタートは本番でいつもちょっとミスをすることが多かったので、今回こういう大舞台で好スタートを切れたんは大きな経験というか、収穫になりました。ガトリン選手の前を走ったことで、中盤『イケる!』と思ってしまって……。後半はそれで力んでしまったのもあります」

 その言葉通り、抜群のスタートで先頭に立つと、その差を保ったまま終盤まで激走。最後はガトリン、ケンブリッジの2人の実力者にかわされてのフィニッシュとなったが、注目されたサニブラウンや9秒台の記録をもつ蘇炳添(中国)には先着。向かい風の悪コンディションの中、10秒35の記録以上の強さとインパクトを残した。

「誰だか知らないが、すばらしいスタートを切った選手がいた。彼こそが今日のダークホースだよ」

 レース後にそうガトリンが語った通り、レース前はほぼノーマークだった多田。だが、今季は関西インカレ決勝で向かい風をものともせずに10秒22をマークするなど好調を維持していた。

【次ページ】 アサファ・パウエル直伝のスタート&肉体改造。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
多田修平
ケンブリッジ飛鳥
サニブラウン・ハキーム
桐生祥秀
山縣亮太
伊東浩司
朝原宣治
東京五輪
オリンピック

ページトップ