ぶら野球BACK NUMBER

三冠王、監督、GM時代の落合博満。
知られざる「オレ流の素顔」を読む。
 

text by

中溝康隆

中溝康隆Yasutaka Nakamizo

PROFILE

photograph byShigeki Yamamoto

posted2017/05/14 08:00

三冠王、監督、GM時代の落合博満。知られざる「オレ流の素顔」を読む。<Number Web> photograph by Shigeki Yamamoto

GM時代、12球団合同トライアウトの視察に来ていた時の落合。今季の不振で、氏の中日復帰を望む声もある。

広末涼子に「早く投げなさいよ」と突っ込む落合。

 デビュー曲『MajiでKoiする5秒前』が球場に流れる中、マウンドに向かった広末はキャッチャー古田敦也(ヤクルト)のサインに向かって何度か首を振るジャスチャー。

 それに対して打席を外し、巻きのポーズで「早く投げなさいよ」と突っ込む落合。

 ちなみにこの試合の全パ4番はイチロー(オリックス)、MVPは清原和博(巨人)である。早いもので、あれから20年が経つ。

「落合さんのことを悪く言う人は多いですけど……」

 この年のオールスターではひとつのドラマがあった。

 巨人から移籍した選手たちにスポットを当てた名著『元・巨人』の中で香田勲男(近鉄)が、監督推薦で初めてのオールスターに出場した時のことをこう振り返っている。

 ローテの谷間で投げていた巨人時代は、自分とは無縁に思っていた夢の大舞台。しかも、香田は本拠地の大阪ドームでリリーフ登板すると石井琢朗(横浜)、古田敦也(ヤクルト)と2者連続三振。さらに松井秀喜(巨人)までもゴロに打ち取った。

 チェンジになってベンチに戻ると突然、巨人時代の元チームメイト落合が「おい、香田、これ。記念になる」とボールを差し出してきた。なんと、松井がファールした時のボールだという。落合が、そのファールボールをポケットに入れて取っておいてくれたのだ。

「すごいなぁ、この人は」

 香田は元三冠王の心づかいに感激する。

「落合さんのことをいろいろと悪く言う人は多いですけど、本当はそういう心づかいがすごくできる人なんです。落合さんみたいな人が、僕みたいな人間にそういうことをしてくれるんですよ。すごく嬉しかった」

 一度東京で挫折して、新天地の大阪で再起を計りようやくこの場所へたどり着いた。流れた時間をかみしめながら、そのさりげない優しさが身に沁みた。

 ちなみにこの時のボールは、落合にサインをしてもらい、香田家で大事に飾ってあるという。

【次ページ】 落合の言葉に無邪気に喜んだ、若き日の小久保。

4/5ページ
関連キーワード
落合博満
小久保裕紀
槙原寛己
清原和博
広末涼子
香田勲男
石井琢朗
古田敦也
読売ジャイアンツ
中日ドラゴンズ
王貞治
松井秀喜
北海道日本ハムファイターズ

ページトップ