JリーグPRESSBACK NUMBER

矢島慎也、浦和で出場はまだ5分間。
「秋まで我慢っていう流れには……」

posted2017/05/03 11:30

 
矢島慎也、浦和で出場はまだ5分間。「秋まで我慢っていう流れには……」<Number Web> photograph by J.LEAGUE PHOTOS

ボランチでの出場を希望している矢島慎也が、そこには阿部勇樹と柏木陽介という浦和の中心が君臨している。果たして。

text by

轡田哲朗

轡田哲朗Tetsuro Kutsuwada

PROFILE

photograph by

J.LEAGUE PHOTOS

「それには同意できないですね。秋ですよ、だって」

 浦和レッズのMF矢島慎也は、全体トレーニングを終えると春の日差しに照らされたピッチでの居残りトレーニングをしていた。ボールを使ったメニューを一通り終えると、ユース時代から指導を受ける天野賢一コーチとランニングをして、ゆっくりとクラブハウスの方へ引き上げてきた。

 今季、浦和の補強は若く将来性のある選手を中心とした新加入選手が多かった。それは矢島も例外ではなかったが、ミハイロ・ペトロヴィッチ監督は開幕前に「浦和は昨年、最もポイントを取ったチームであり、それに代わる選手はなかなかいない。だが、私は彼らを成長させる。それがアドバンテージになっていく」と話した。

 昨季加入のMF駒井善成は1つのロールモデルだろう。前所属の京都サンガでは中心的存在だったが、浦和でレギュラークラスの起用をされるようになったのは、秋からだった。あるいは、清水エスパルスの中心だったFW高木俊幸がブレークしたのは、浦和に加入して1年半ほどが経ってからだった。

「秋まで我慢しろっていう流れには乗れない」

 秋になるとルヴァン杯や天皇杯のゲームが増え、過密日程の中で控えの選手にもチャンスが生まれやすい。彼らは、そういったタイミングでチャンスをものにした。だからこそ、矢島も含めた新加入の面々にも同様のイメージがあるのではないか。

 矢島と話す中で、そのような話題になった時にハッキリとした口調で話したのが、冒頭の言葉だった。

「俺もそういう感じのコメントは読んだんですけど、せっかく去年オリンピックに出て、その前には最終予選も優勝して。岡山で1年間通して戦ってプレーオフも出て。最初から試合に絡めるっていう自信も持っていたからここに帰ってくるっていう選択をしました。そういう中で、秋まで我慢しろっていう流れには乗れないですよ」

【次ページ】 岡山と五輪で得た自信とともに浦和へ帰ってきた。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
浦和レッズ
矢島慎也

ページトップ