プロ野球亭日乗BACK NUMBER

則本と牧田の登板順を徹底検証!
9回と11回は必要な能力が違う?

posted2017/03/13 11:45

 
則本と牧田の登板順を徹底検証!9回と11回は必要な能力が違う?<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

10回、11回を見事に無四球無安打で抑えた牧田。ベンチ前で迎える小久保監督の手に、ウイニングボールが握られている。

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph by

Hideki Sugiyama

 大会史上初のタイブレークに突入したオランダ戦。

 先攻の侍ジャパンは延長11回無死一、二塁から鈴木誠也(広島)がきっちり送って走者を進めると中田翔(日本ハム)が左前に決勝の適時打を放って2点をリード。その裏のオランダの反撃を牧田和久(西武)が凌ぎ、4時間46分の総力戦を制して、準決勝進出へ大きく前進した。

「死闘です。勝ちたいという執念だけ。最後まで諦めなかった勝利でした。オランダ打線はもの凄い破壊力だった」

 試合終了は午後11時54分。

 お立ち台に上がって歓喜のはずの小久保裕紀監督は、疲れ果てた表情で、こう言葉を絞り出した。

「抑えは牧田」のはずが、なぜ則本だったのか?

 まさに、いくら語っても語りつくせないような激闘だったが、その中で試合の大きな焦点となったのが、9投手をつぎ込んだ継投、特に1点をリードの9回から牧田ではなく則本昂大(楽天)をクローザー投入した采配だった。

 試合は序盤から点を取ったら取り返される展開だったが、日本は5回にこの大会のラッキーボーイ・小林誠司(巨人)の勝ち越し中前適時打で1点をリードすると、この虎の子を守るために細かな継投に入った。

 3回で先発の石川歩(ロッテ)を諦めると、同点の4回には平野佳寿(オリックス)で相手の流れを止め、リードした5回からは千賀滉大(ソフトバンク)を2イニング投入。その後は松井裕樹(楽天)、秋吉亮(ヤクルト)、宮西尚生(日本ハム)と繋いで、その宮西が8回1死満塁のピンチを招くと、増井浩俊(日本ハム)を送って、何とかオランダの猛攻を凌いだ。

 そうして迎えた9回。指揮官がマウンドに送ったのは、「抑えは牧田」と公言していたサブマリンではなく、則本だったのだ。

【次ページ】 則本と牧田。ふたりの証言を調べてみると……。

1 2 3 4 NEXT
1/4ページ
関連キーワード
侍ジャパン
鈴木誠也
中田翔
則本昂大
牧田和久
小久保裕紀
小林誠司
石川歩
平野佳寿
千賀滉大
松井裕樹
秋吉亮
宮西尚生
増井浩俊
菅野智之
WBC

ページトップ