“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

身長が低くてもGKはやれる――。
青森山田、廣末陸とコーチの物語。

posted2017/01/15 11:30

 
身長が低くてもGKはやれる――。青森山田、廣末陸とコーチの物語。<Number Web> photograph by Takahito Ando

廣末(写真左)と大久保コーチ。トレーニングウェアの上からも、その鍛え上げた肉体がよく分かる2人である。

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph by

Takahito Ando

「大久保さんがいなかったら、今の僕はいないと思います」

 悲願の選手権初優勝を果たした青森山田のGK廣末陸は、青森での3年間を振り返ってこう口にした。

「大久保さん」とは、青森山田の大久保隆一郎GKコーチのこと。彼もまた、青森山田OBであり、現役時代はチーム初の全国制覇となるインターハイ優勝に貢献した守護神だった。

 この2人には共通した想いがあった。

 2人とも屈辱から這い上がるために青森に来た……という同じ背景があった。

 廣末は中学時代、FC東京U-15深川に所属していた。だが、U-18に昇格出来なかった。その理由の1つは彼の身長にあった。中3の時は176cmで、U-18昇格を射止めたのは190cmの波多野豪(トップチーム昇格内定)と、183cmの山口瑠伊(現・ロリアン、フランス)の2人だった。

「僕にはより厳しい環境が必要だった」

「中学時代はずっと危機感を抱いていた。人一倍ご飯も食べたし、食後に毎日牛乳を1リットル飲んだ。身長では判断されたくはないと思っていたけど、絶対に必要なことだとは分かっていた。それプラス、身長のハンディをカバーするために、GKとしての基礎はもちろん、絶対的な武器が必要だった。足下の技術とキックは自信があったので、そこを徹底して磨こうと思った」

 悔しさに打ちひしがれている暇はない。廣末は這い上がるための新たな道を探した。結果、「僕にはより厳しい環境が必要だった。監督の人間性、チームの雰囲気、そして雪や寒さなどの環境……。自分が人間として強くなって、成長していくための要素が青森にあった」と、青森山田進学を選んだのである。

 そこで出会ったのが大久保だった。新入生ながら、ギラギラした眼光を持ってやって来た廣末を見て、大久保はこう思ったという。

「自分と凄く似ている……」

【次ページ】 廣末のGKコーチは、廣末よりも背が低かった。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/6ページ
関連キーワード
大久保隆一郎
青森山田高校
廣末陸
FC東京

ページトップ