ブンデスリーガ蹴球白書BACK NUMBER

ブンデス最年少主将は、酒井高徳。
名門HSVが全幅の信頼を置く理由。

posted2016/12/22 07:00

 
ブンデス最年少主将は、酒井高徳。名門HSVが全幅の信頼を置く理由。<Number Web> photograph by AFLO

鬼気迫る表情でチームメートを鼓舞する酒井高徳。クラブ史で一度も降格を味わったことのない名門を立て直そうと必死に戦う。

text by

ミムラユウスケ

ミムラユウスケYusuke Mimura

PROFILE

photograph by

AFLO

 あの試合は、1人の選手の思慮深さと大胆さが垣間見られる一戦だった。

 12月10日、アウクスブルクをホームにむかえたハンブルガーSV(HSV)は序盤から、アグレッシブな戦いを見せていた。前節につかんだシーズン初勝利の手応えと、地元サポーターの後押しを受けて。

 しかし、0-0の状況で迎えていた前半44分、HSVはトップ下のホルトビーが相手MFコールへの肘打ちで退場を命じられてしまう。混沌とした中で迎えたハーフタイムにギスドル監督は選手に訴えかけた。

「相手のセンターバックもイエローカードを1枚もらっているし、他にもカードをもらっている選手はいる。今日の試合で相手に退場者が1人も出なかったら、おまえらのアグレッシブさが足りないということだ。承知しないぞ!」

俺らにとってチャレンジすべきシチュエーションだ!

 ハーフタイムを終え、HSVの選手たちがピッチに出てくる。それぞれがポジションへ移ろうとしたとき、左腕にキャプテンマークを巻いた酒井高徳が仲間たちを呼び止めた。

 肩を組み、円陣を組んだ。もちろん、試合前にはいつも円陣を組むのだが、後半開始時に円陣を組むのは珍しい。

「オレたちは10人になったけど、良いサッカーは出来ているぞ。ディフェンダーが退場したわけじゃないんだから、攻撃の駒が1つ減るだけなんだから、しっかりと守りながらやれば今まで通りチャンスは来る。このシチュエーションは俺らにとってチャレンジすべきシチュエーションなんだ。チームのために戦って、この試合に勝とうぜ!」

【次ページ】 同じ方向を目指すために、意思疎通を図った。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/5ページ
関連キーワード
酒井高徳
ハンブルガーSV
香川真司

ページトップ