ドイツサッカーの裏の裏……って表だ!BACK NUMBER

ドイツ3部の平均年俸は約1400万円。
平均2000万円のJ1から行く価値は?

posted2016/12/09 07:00

 
ドイツ3部の平均年俸は約1400万円。平均2000万円のJ1から行く価値は?<Number Web> photograph by AFLO

現在セレッソ大阪に所属する丸岡満も、ドルトムントの下部チームでドイツ3部に参戦していた。上を目指す足がかりとしては悪くない場所だ。

text by

遠藤孝輔

遠藤孝輔Kosuke Endo

PROFILE

photograph by

AFLO

 “ドリッテリーガ”でプレーする選手の平均年俸をご存知だろうか。

 そもそも“ドリッテリーガ”という単語に聞き覚えがない方が大半かもしれない。

 正式名称は「3. Futball-Liga」。

 アマチュアリーグ再編の構想を練っていたDFB(ドイツサッカー連盟)が2008年、主に若手の真剣勝負の場を増やす狙いで立ち上げた、ドイツのプロサッカー3部リーグだ。

 プロクラブのセカンドチーム(U-23主体でオーバーエージ枠が存在。ケルンのようにU-21+オーバーエージで活動している場合も)が参戦することのできる最高峰のコンペティションで、現在はマインツIIとブレーメンIIの2チームが、数年前までトップリーグに所属したパーダーボルンやデュイスブルクなどと鎬を削っている。

平均年俸1400万円は、3部としては破格。

 18クラブで構成する1~2部とは異なり20チーム編成となっているこのリーグの、レギュレーションやライセンス取得条件(ホームスタジアムは最低でも1万人を収容しなければならないなど)は別の機会に譲り、冒頭の答を明かすなら、税込みで11万6000ユーロと言われている。

 '16年12月現在のレートで換算すれば、日本円に換算して1400万円をやや上回る金額だ。ドイツの経済サイト『Finanzen100』が今季開幕前に発表した推定額とはいえ、その信憑性を疑うような声は聞こえてこない。

 この平均年俸が多いのか、少ないのか――。

 3部というカテゴリーを考えれば、世界的にも屈指のサラリーと言えるだろう。これが“ツヴァイテリーガ(2部)”になると、一気に45万ユーロ(約5500万円)まで跳ね上がるのだから夢がある。

【次ページ】 J1の平均年俸が2000万円。来季以降のアップは?

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
ドリッテリーガ
丸岡満

ページトップ