話が終わったらボールを蹴ろうBACK NUMBER

CS決勝を左右する金崎vs.遠藤航。
初戦は遠藤に軍配、次なる策は?

posted2016/12/03 07:00

 
CS決勝を左右する金崎vs.遠藤航。初戦は遠藤に軍配、次なる策は?<Number Web> photograph by J.LEAGUE PHOTOS

浦和では3バックの中央がすっかり定位置となった遠藤航。前へ行く力、後ろで跳ね返す力、危険を察知する力が生きる場所だ。

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph by

J.LEAGUE PHOTOS

 手強いな。

 CS準決勝の川崎フロンターレ戦を視察したペトロビッチ監督は、そう思ったことだろう。鹿島は序盤こそ前に出たが無理をせず、先制点を奪った後は試合巧者ぶりを発揮して1-0で勝った。その川崎戦で決勝ゴールを奪ったのが金崎夢生だった。

 先制点を与えない、そして金崎をどう抑えるのか。それが浦和にとって、鹿島に勝つためのひとつの大きなテーマだった。

 CS決勝の初戦、その金崎のマークを主に任されたのが遠藤だ。セットプレーでは金崎をマークし、センターにいる時はピタリと背後についた。

「夢生(金崎)くんは基本、僕が抑えるんですけど、サイドに流れた時はしっかりモリ(森脇良太)くんと槙野(智章)くんに受け渡しをするようにしていました。川崎戦で点を取って勢いがあるし、ゴールの嗅覚というか、ペナ内にゴリゴリ入ってくる強さがある。しかもDFを背負いながら入れ替わるのがうまい。それをやらせないためには、前を向かせないようにして味方のサポートを待って挟み込むという守備をやるようにしていました。ただ、夢生くんの前でボールを奪うということができなかったのがちょっと……」

 遠藤は渋い表情でそう言った。

金崎に入るグラウンダーのパスに手を焼いた。

 金崎はサイドに流れる時もあるが、センターでパスを受けることも多い。その際遠藤が金崎のマークにつくが、そのパスを収められる前に奪いたいと考えていた。前で取れれば、そこからカウンターを仕掛けられるし、ロングボールでサイドに展開してチャンスを作れる。遠藤は、永木亮太や土居聖真、遠藤康からのパスを警戒しつつ、インターセプトを狙ったがうまくボールを取れなかった。

「夢生くんへのロングボールとかは僕が先に触ることが多かったですけど、グラウンダーのボールを入れてきた時はなかなか前に入れなかったし、奪えなかった。そこは夢生くんの体の使い方や受け方がうまいっていうのもあるんですが……。ボールを奪えなかったけど、(前を向いて自由に)やらせないという守備はできていたので、それは良かったと思います」

【次ページ】 エースをシュート3本の無得点に抑えた遠藤の貢献。

1 2 3 4 NEXT
遠藤航
浦和レッズ
金崎夢生
鹿島アントラーズ

ページトップ