JリーグPRESSBACK NUMBER

岡田武史が怒鳴り、悩み抜いた1年間。
JFL昇格したFC今治で起きていた事。

posted2016/12/03 11:00

 
岡田武史が怒鳴り、悩み抜いた1年間。JFL昇格したFC今治で起きていた事。<Number Web> photograph by Toshio Ninomiya

FC今治の目標は2025年にJ1で常時優勝争いするチームになり、日本代表を出す事。JFLに昇格した今、残す階段はあと3つだ。

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph by

Toshio Ninomiya

 岡田武史オーナーが喜びの色を見せることはなかった。

「ホッとした」と語った後、すぐに言葉をつないだ。

「(来季に向けて)経営面、補強で動き始めないといけない。JFL、J3にあんまり長くいると疲弊するので、できるだけ早く上に行けるように来シーズンは補強、強化に力を入れていきたい」

 JFL昇格はあくまで通過点だと強調するように、笑みを浮かべることもなかった。

 9つある地域リーグの王者と全国社会人サッカー選手権の上位3チームが集う、全国地域サッカーチャンピオンズリーグ。1次リーグを勝ち上がった4チームが、千葉のゼットエーオリプリスタジアムで決勝ラウンドを戦った。1次、決勝とも3日連続で試合をこなさなければならない過酷なレギュレーションのなか、四国リーグ王者のFC今治は決勝ラウンド初日から2連勝を挙げて昇格を決めた。

「吉武(博文)監督がいいチームをつくってくれましたし、選手たちも一致団結して、素晴らしいプレーをしてくれたと思っています。今回、オフィスの連中も全員(今治から)来てくれました。これまでチームが勝つためにどうするかを考えて動いてくれたみんなのおかげだと思います。そしてスポンサーさん、サポーターのみなさん、市の方々、いろんな人に助けられて、ようやくみなさんに支持されてきたなという手応えを持っているので、そういう意味では本当にみなさんのおかげだと思っています」

 岡田はチームにかかわるすべての人々に感謝の言葉を述べた。

 人々の思いに応えるためにも、己に課したJFL昇格のノルマを、何としても今年果たさなければならなかった。不退転の決意だった。

「岡田メソッド」など、大きな目標を公言した。

 今治を舞台にした岡田武史の壮大な夢。

 育成年代からトップチームまで一貫したプレーモデル「岡田メソッド」をつくり、世界に打ち勝つスタイルを目指すと、彼は宣言した。人口減少にある愛媛の地方都市・今治市にスマートスタジアムをつくり、スポーツ健康都市として日本のみならず世界からも人を呼んで交流人口を増やしたい、と。国際交流、地域貢献。元日本代表監督の新しいチャレンジに、多くの人々が賛同した。デロイトトーマツコンサルティング、三菱商事、それに芸能プロダクションのLDHなどが、地方クラブのスポンサーに名乗りを挙げた。

【次ページ】 「この1カ月間で、人生を変えてしまわないか」

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
岡田武史
FC今治
JFL

ページトップ