スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

エディー時代との違いは「キック」。
ラグビー、ウェールズ戦の指針。

posted2016/11/19 11:00

 
エディー時代との違いは「キック」。ラグビー、ウェールズ戦の指針。<Number Web> photograph by Jun Ikushima

ウェールズ代表とともに並ぶ、ルーティン中の五郎丸フィギュア。ウェールズの地でもその名は知れ渡っているようだ。

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph by

Jun Ikushima

 ウェールズの中心、カーディフから2両編成の列車に乗って30分ほど。トレフォレストという駅で降りてから道を北へ進むと、「ワールド・オブ・グロッグス」というお店がある。

 1965年にオープンし、ラグビーのフィギュアを作り続けてきた小さなショップだが、インターネット時代を迎えて世界中から注文が舞い込んでいる。

 クリスマスを前に、いま売れ筋の商品なのが――五郎丸歩がプレースキックを蹴る前のフィギュアだ。店主のリチャードさんが話す。

「いまは3週間ほど待っていただいている状態です。実は、この作品はとても作るのが難しいんです。指を合わせているところは複雑だし、ジャージの桜のエンブレムも細かいし(笑)。でも、五郎丸は創作意欲を刺激してくれます。とても、スタイリッシュだ」

「マフィは力強いし、ウィングはみんな決定力がある」

 そしてリチャードさんは、週末の日本対ウェールズ戦について言及した。

「昨年のワールドカップ、日本はとても印象的な試合をした。ナンバー8のアマナキ・レレイ・マフィは力強いし、ウィングはみんな決定力がある。ウェールズも充実しているけれど、いい試合になることを期待していますよ」

 新ヘッドコーチ、ジェイミー・ジョセフを迎えてのテストマッチ第3戦。これまでアルゼンチンには20-54と力の差を見せつけられ、欧州に遠征しての初戦はジョージアにFW戦で苦しみながらも、28-22で勝利を収めた。ジョージアFWとのトータル体重差は100kg以上あり、ひとりあたり12kg強。常識的には勝負にならない体重差だったが、よくぞ粘った。

 そして今回の遠征で最強の相手がウェールズだ。現在、世界ランキングは6位。大きいFWを有しているが、決して肉弾戦にはこだわらない。経験豊富なBKをそろえ(五郎丸が所属するトゥーロンのFB、リー・ハーフペニーもいる)、日本代表戦では10代の若手の起用も考えられる。

【次ページ】 エディー時代との大きな違いはキッキング・ゲーム。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
ラグビー日本代表
五郎丸歩
ジェイミー・ジョセフ
エディー・ジョーンズ
田中史朗
堀江翔太
立川理道

ページトップ