ニッポン野球音頭BACK NUMBER

梶谷隆幸らの死闘に水さす微妙判定。
DeNA敗退決めた、運命のあの一球。

posted2016/10/17 13:10

 
梶谷隆幸らの死闘に水さす微妙判定。DeNA敗退決めた、運命のあの一球。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

最後の最後まで全力を出し切ったプレーだった梶谷。CS最後の試合でも、意地の2ランで広島を猛追している。

text by

日比野恭三

日比野恭三Kyozo Hibino

PROFILE

photograph by

Hideki Sugiyama

 最初に、梶谷隆幸には謝らねばならない。

 筆者はCSファイナルステージ第2戦までの結果を受けて執筆した前回のコラムで、「これ以上、梶谷の起用を続けるのは賢明でない」と書いた。ジャイアンツとのファーストステージ第3戦で死球を受け、左手の薬指を骨折していた梶谷は、ほぼ片手でのバットスイングを余儀なくされた。第2戦の第4打席では、振った勢いでバットを落としてしまう姿も見られた。

 あと1つ負ければ終わりの短期決戦。いくら非凡なセンスをもった好打者でも、負傷者の強行出場はカープ投手陣を助けることにしかならない。そう思っていた。

 だが結果からみれば、28歳の精神力、そして技術の高さを見誤っていた。

 連敗して迎えた土壇場のファイナル第3戦を前に、梶谷はこう語った。

「練習は軽めにして、試合で力を出せるようにしている。痛み止めも、本当は1錠のところを4錠にしてます。ちょっとでも効き目がよくなるかもしれない、効く時間が長くなるんじゃないかっていうアホな発想ですよ。4つ勝つ。それしかないんで、後先考えずに思いきりやるしかない」

 左手薬指の爪は、依然として内出血で青黒くなっていた。

黒田、新井と広島の二枚看板を打ち破った梶谷。

 第2戦に続いて5番を任された梶谷は、ベイスターズ2点リードで迎えた5回2死一、三塁のチャンスで打席に入った。

 4番の筒香嘉智が敬遠気味の四球で歩かされたことが、男の心に火をつけた。

「見とけよ」

 黒田博樹が投じた3球目の内角カットボールを振り抜き、ライト前タイムリー。貴重な追加点をもたらすと、8回裏2死満塁で打席に新井貴浩を迎えた大ピンチの場面では、フェンス際のファウルフライに猛然と飛びつき、窮地を救った。地面にぶつけた左手の痛みに、しばらく立つこともできなかった。

 さらに第4戦では、3回の打席でまたも内角の変化球をさばいてライトスタンドへの2点本塁打。表情ひとつ変えずに悠々とダイヤモンドを一周すると、ベンチで出迎えたナインと右手でハイタッチを繰り返した。

【次ページ】 骨折の梶谷に対し、執拗な内角攻めを。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
梶谷隆幸
黒田博樹
新井貴浩
田中広輔
須田幸太
石川雄洋
横浜DeNAベイスターズ
広島東洋カープ

ページトップ