欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

ボールを持ったら大迫勇也を探せ。
「2トップなら絶対負けない」FWに。

posted2016/10/03 18:00

 
ボールを持ったら大迫勇也を探せ。「2トップなら絶対負けない」FWに。<Number Web> photograph by AFLO

ポストプレーと得点力を兼ね備える万能性はそのままに、大迫勇也のスケールは着実に大きくなっている。

text by

寺野典子

寺野典子Noriko Terano

PROFILE

photograph by

AFLO

「ゴールを決められる、ストライカーとしての怖さを示して、自分に対する認識を変えなくちゃいけない」

 レスターの岡崎慎司は常にそう繰り返してきた。先発リストから名前が消えた現在はもちろんだが、守備力や運動量などが評価されていた昨季も「そういうところを評価されるのは危険だ」と言い、FWとしての存在価値を示そうと戦っている。

 昨季に続き今季も先発出場を続けるヘルタ・ベルリンの原口元気だが、守備に奔走させられ、攻撃での仕事がなかなかできない現実のなかでもがいている。攻撃時にパスすら出てこない。9月24日のフランクフルト戦も10月1日のハンブルガーSV戦でも、原口の状況は同じだった。

「どうやって攻撃で力を出せるのか、というのは常に考えている。でも今日も、後半はほとんどチャンスがない状況だった。一番のチャンスはイビセビッチやシュトッカーに集まる。変な話、アシストを増やしていったほうが良いのか、と言う考え方もある。自分がやるべき守備やボールを繋ぐという仕事は問題なくやれているし、でもそれは去年から出来ていること。今年はその先の一個、何かやることを目指しているので、それがなかなか出来ず、悔しいですね」

武藤も、宇佐美も欧州でもがいている。

 試合出場機会を得ようと、ある種の便利屋としての任務をこなす。それは破壊力抜群のストライカーが持ち合わせない、日本人の選手ならではの強みを発揮することでもある。しかし、そこで留まりたくないと彼らは今、試行錯誤を続けている。

 怪我による長期離脱から復帰したマインツの武藤嘉紀は9月29日のヨーロッパリーグで1ゴールを決め、先発入りに大きくアピールしたものの、その試合で右ひざの負傷が再発してしまう。アウクスブルクに移籍したばかりの宇佐美貴史は、ベンチ外が続いていたが、9月29日の試合前日練習で負傷。両者は代表も辞退することになった。

【次ページ】 大迫勇也、ただいま絶好調。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
大迫勇也
ケルン

ページトップ