Jをめぐる冒険BACK NUMBER

柏の小さな巨人が示した川崎攻略法。
155cm・中川寛斗の“気が利く守備”。

posted2016/08/30 11:00

 
柏の小さな巨人が示した川崎攻略法。155cm・中川寛斗の“気が利く守備”。<Number Web> photograph by J.LEAGUE PHOTOS

ここ近年多くの選手がトップ昇格を果たしている柏の育成組織。手塩にかけて育てた選手のひとりが中川である。

text by

飯尾篤史

飯尾篤史Atsushi Iio

PROFILE

photograph by

J.LEAGUE PHOTOS

 ストップ・ザ・フロンターレ――。

 今シーズンのJ1リーグは、こんなキャッチフレーズで表せるかもしれない。

 セカンドステージ第9節が終了した時点で喫した黒星は、わずか「2つ」。得点53はJ1最多で、失点22はJ1最少。その第9節では、浦和レッズとの直接対決を制してセカンドステージの首位に返り咲き、年間順位でも浦和に勝ち点5の差をつけ、首位をひた走っている。

 川崎フロンターレの進撃をどう止めるのか――。

 どのチームも、川崎との対戦前には、頭をおおいに悩ませていることだろう。

 そんな川崎に、3つ目の黒星をつけたのが第10節の対戦相手、柏レイソルだった。

 開始6分までにセットプレーと川崎のミスを突くゴールで2点を先取。前半のうちにセットプレーからさらに2点を積み重ねると、後半にも鮮やかな速攻から加点して、5-2という大勝を飾った。

憲剛は「自滅」と語る一方、柏は用意周到に臨んだ。

 川崎の中村憲剛が「自滅です」と振り返ったように、川崎がマークミスやイージーミスを繰り返したのは間違いない。とはいえ、川崎を「自滅」に追い込んだのは、“本来は”似たスタイルであるはずの柏が腹をくくって施した“川崎対策”だった。

「この1週間、川崎に勝つためには何をすればいいか、どうすれば勝てるのかを考え続けてきて、選手たちがそれをしっかり実行してくれた」

 試合後、そう胸を張ったのは柏の下平隆宏監督だ。その“対策の成果”は、3つのゴールに繋がったセットプレーにまずは見出せた。

 先制点となった4分のゴールはクリスティアーノの左コーナーキックにディエゴ・オリヴェイラが頭で合わせたもの。3点目となる29分のゴールは、クリスティアーノのFKにディエゴ・オリヴェイラが頭で合わせ、バーに当たって跳ね返ったところを茨田陽生が蹴り込んだ。4点目の32分のゴールは、今度はクリスティアーノの右コーナーキックにディエゴ・オリヴェイラが再び頭で決めた。

【次ページ】 セットプレーは“緩いマーカー”に狙いを定めた。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
柏レイソル
川崎フロンターレ
中川寛斗
中村憲剛
大島僚太
下平隆宏
クリスティアーノ
ディエゴ・オリヴェイラ
秋野央樹

ページトップ