リオ五輪PRESSBACK NUMBER

内村「1人1人紹介してもいいですか?」
体操団体金メダル、“最強の5人”。

posted2016/08/09 16:00

 
内村「1人1人紹介してもいいですか?」体操団体金メダル、“最強の5人”。<Number Web> photograph by JMPA

アテネでの「栄光の架け橋」から12年、リオの地で男子体操団体の5人はそれぞれの責務を全うしてヒーローとなった。

text by

矢内由美子

矢内由美子Yumiko Yanai

PROFILE

photograph by

JMPA

 リオデジャネイロで歓喜の輪ができた。内村航平が、白井健三が、加藤凌平が、田中佑典が、山室光史が、コーチ陣も巻き込んで飛び跳ねながら回った。

「オリンピックの金だよな?」「俺たち、金メダルだよな?」

 互いに確認しあうように訊き合った。

 5人が心を合わせ、いや、日本の体操界が心を一つにして目指してきた五輪での団体金メダル。アテネ五輪以来12年ぶりの喜びを、もっともっと強く噛みしめたいと、選手たちはジャンプをし続けた。

内村「個人で一回獲りましたけど、全然違う」

「北京、ロンドンとメダルを獲ってきて、今回が一番重い。個人で一回獲りましたけど、全然違う。仲間と獲った金メダルはうれしいを超えちゃっていますね」

 キャプテンの内村が感無量の面持ちを浮かべる。

 ロンドン五輪に続いて決勝で6種目を任されたエースは、「表彰式では声が裏返るくらい歌おうとみんなで言って、国歌を歌った。大きな声で歌えて良かったです」と胸を張った。

 ただ1人、五輪初出場の白井は「人生で一番心臓に悪い日だったといっても過言ではないんですけど、間違いなく一番幸せな日だと思います。ちゃっかり金メダルを獲っちゃいました」と茶目っ気たっぷりに言った。

 予選の平行棒で落下のミスが出て「チームに迷惑をかけた」とうなだれていた田中は「みなさん、僕が一番心配だったでしょう。出し切りました。いろいろな人の思いが詰まった金メダルです。お待たせしました」とうれし泣きの泣き笑い顔だ。

 そして、金メダルが確定したときに涙を流していたのは、4年前のロンドン五輪で決勝の演技中に骨折し、そこから這い上がってきた山室。

「佑典の鉄棒が終わったころから2人で泣きそうになっていた。4年間頑張ってきて良かった。あきらめずに必死に頑張ってきた。それは無駄ではなかった」としみじみと言った。

 内村の次に多い5種目を任された加藤は「歴史を作れたのかな。今までの思いが込み上げてきて、幸せだなと思いました」と普段通りの抑えた口調だった。それぞれが自分らしく金メダルの喜びを噛みしめていた。

【次ページ】 あん馬、つり輪で我慢もライバルがまさかの低得点。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
内村航平
白井健三
加藤凌平
田中佑典
山室光史
リオデジャネイロ五輪
オリンピック
体操

ページトップ