Number ExBACK NUMBER

筋肉マニアがアスリートの体を見れば。
内村航平の背中、五郎丸歩の脚部!

posted2015/12/04 10:30

 
筋肉マニアがアスリートの体を見れば。内村航平の背中、五郎丸歩の脚部!<Number Web> photograph by AFLO

均整が取れているがゆえに目立たないこともあるが、体操選手の筋肉は本当に美しい。

text by

増田晶文

増田晶文Masafumi Masuda

PROFILE

photograph by

AFLO

 先だっての体操世界選手権の表彰式、金メダルを胸もとで輝かせた絶対王者・内村航平の雄姿をみて、私は「ほう」と感嘆した。

 世界チャンピオン内村は2位キューバ、3位中国の選手と比較しても、きわだってバランスのよい筋肉をしている。シルエットが見事な逆三角形のうえ脚が長い。162cm、52kgいう数値より、ずっと長身でスタイリッシュに感じる。

 昨今は細マッチョが大流行。

 オフに3時間の筋トレを欠かさぬ西島秀俊、細マッチョの祭典「ベストボディ・ジャパン」東京大会で優勝した金子賢しかり。

 数カ月で望みの身体に仕立てあげると豪語するジムも、なかなかの盛況ときく。

 女性だって美魔女のボディ3原則はボン、キューッ、ポン。若き乙女たちもこぞってダイエットにいそしみ、とりわけ二の腕やふくらはぎ、お腹が引き締まった肉体に憧れているご様子。

 いずれにせよ、決して過剰ではなく、ほどよく筋肉が発達し体脂肪率の低い身体が、理想の肉体として認知されているのは事実だ。

 内村の筋肉とプロポーションは、まさにゴールデンボディといっていいだろう。

私もかつてはボディビル大会に出場していた。

 かくいう私も筋肉にはうるさい。

 齢55にして筋トレ歴30年。頭髪資源は枯渇寸前、赤貧をざぶざぶ洗う貧乏作家なれど、たゆまず筋骨を鍛え今日に至っている。

 かつてはボディビル大会にも出場していた。筋トレ本までモノしている。

 身長170cm、体重59kg、3サイズは98・73・87、皺腹に腹筋クッキリ。体脂肪率が6.2%(2015年11月26日現在)。

 まぎれもなき細マッチョでございます。

【次ページ】 筋肉原理主義者の視点でアスリートを見ると……。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
内村航平
五郎丸歩
松田宣浩
柳田悠岐
鳥谷敬
オリンピック
リオデジャネイロ五輪
体操

ページトップ