JリーグPRESSBACK NUMBER

五輪で選手が抜けて辛いJクラブは?
立場と選手層で見ていくと実は……。

posted2016/07/08 11:00

 
五輪で選手が抜けて辛いJクラブは?立場と選手層で見ていくと実は……。<Number Web> photograph by J.LEAGUE PHOTOS

塩谷司が五輪で、浅野拓磨が移籍で抜ける広島。CS出場圏まで勝ち点差4、五輪期間は正念場だ。

text by

原山裕平

原山裕平Yuhei Harayama

PROFILE

photograph by

J.LEAGUE PHOTOS

 五輪開催期間中にJリーグが中断されたのは、1996年のアトランタ大会と中田英寿や稲本潤一らを擁し、ベスト8進出を果たした2000年のシドニー大会時のみ。日本が出場したそれ以外の3大会では、通常通りJリーグは行われている。

 今大会も特例はなく、リオ五輪日本代表に選手を送り込むJクラブは、その間彼らを欠いたままリーグ戦を戦うことになる。23歳以下が中心とはいえ、すでに各クラブの主軸を担っている選手も多く、不在となれば言うまでもなく戦力ダウンは避けられないだろう。

 リオ五輪メンバーは7月17日の2ndステージ第4節終了後、代表チームに合流する。仮に五輪で決勝まで勝ち進めば、8月20日まで代表活動をこなすことになり、最大で5試合もチームを離れることになる。2ndステージに突入し、年間優勝争いや残留争いがより現実感をもって迫りつつあるなか、ともすれば、結果を大きく左右しかねないこの五輪期間中に、「もっとも割を食うJ1クラブ」は果たしてどのチームなのか?

チームでの出場試合で主力度を調べると……。

 リオ五輪代表に選ばれたJリーガーは、海外組の南野拓実と久保裕也、そしてこのたび広島からアーセナルへの移籍が決定した浅野拓磨を除いた15人。J1所属選手に限定すれば全9クラブから14人がメンバーに名を連ねている。

 その14人は、それぞれのチームでどれほどの重責を担っているのか。それを推しはかるべく、各選手の立ち位置をカテゴライズしてみた。カテゴリーの種類は「不動」、「主力」、「サブ」、「バックアップ」の4つで、それぞれの定義は以下の通りとする。

■不動=今季のJ1で4分の3以上の試合でスタメン出場した選手
■主力=今季のJ1で半数以上の試合にスタメン出場した選手
■サブ=今季のJ1でスタメン、途中出場にかかわらず1試合以上出場した選手
■バックアップ=今季のJ1で出場機会のない選手

※集計データはJ1 2ndステージ第1節終了時のもの。

 内訳は以下の通りなった。

【不動】
植田直通(鹿島)、中村航輔(柏)、興梠慎三(浦和)、遠藤航(浦和)大島僚太(川崎F)、藤春廣輝(G大阪)、塩谷司(広島)、亀川諒史(福岡)

【主力】
岩波拓也(神戸)

【サブ】
中島翔哉(FC東京)、原川力(川崎F)井手口陽介(G大阪)

【バックアップ】
櫛引政敏(鹿島)、室屋成(FC東京)

【次ページ】 ダメージが一番大きいのは浦和だが……。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
植田直通
中村航輔
興梠慎三
遠藤航
大島僚太
藤春廣輝
塩谷司
亀川諒史

ページトップ