JリーグPRESSBACK NUMBER

半年間で31試合に出場した遠藤航。
過酷スケジュールを乗り越えた方法。

posted2016/07/01 07:00

 
半年間で31試合に出場した遠藤航。過酷スケジュールを乗り越えた方法。<Number Web> photograph by J.LEAGUE PHOTOS

出場機会を危ぶむ声もあったが、いまや浦和でも完全な中心選手。遠藤航の器はまだ底が見えていない。

text by

轡田哲朗

轡田哲朗Tetsuro Kutsuwada

PROFILE

photograph by

J.LEAGUE PHOTOS

「しんどさは間違いなくありますよ」

 浦和レッズのリオデジャネイロ五輪代表キャプテン遠藤航は、自身のコンディションについてこう話した。五輪代表による1月のアジア最終予選から、浦和でのゲーム、日本代表のゲームと、ちょうど2016年の半年間で通算31試合に出場してきた男は、自分とも戦いながら五輪前のシーズンを過ごしている。

 昨年12月、五輪代表チームは強化合宿に入り、最終予選を戦った。通常のシーズンのサイクルとは全く異なるオフを過ごした上に、多くの選手たちは予選が終了した後にそのままクラブのトレーニングキャンプに合流した。基本的にシーズン前のキャンプは、どのチームも年間を戦い抜くためにフィジカルを強化しつつ、多くのトレーニングマッチを組んで戦術を固めていく。それは、選手にとって大きな負担になる。

 それが原因とは言い切れないが、五輪代表選手たちには負傷者が多く出てしまった。その中で、遠藤は大きな負傷をすることなく、AFCチャンピオンズリーグに参戦した浦和の厳しい日程を戦い抜いている。そこには、遠藤が大きな要因と感じている浦和側の配慮があったという。

五輪予選後、チームが与えた1週間のオフ。

「予選の後に、チームから1週間のオフをもらって、それが大きかったですね。(ミハイロ・ペトロヴィッチ)監督は『もう少し休んでもいい』と言ってくれたんですけど、自分も早く合流したい気持ちもあったので。ただ、そういうオフがなかった選手たちにケガ人も出ているので、助かったなとも思います」

 今季、湘南ベルマーレから移籍した遠藤が、鹿児島の指宿で行われていた浦和の第2次トレーニングキャンプに合流したのは2月8日のことだった。環境が変わり、レギュラーポジションを確保するためにはすぐにでもチームに合流したかったはずだ。

 ペトロヴィッチ監督も、期待の新戦力をチームに融合させるための時間を少しでも長く取りたかっただろう。しかし、最終的には遠藤のコンディションを優先した。その判断が、今に生きている。

【次ページ】 4月の遠藤のパフォーマンスは圧倒的だった。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
遠藤航
浦和レッズ
リオデジャネイロ五輪
オリンピック
サッカー

ページトップ