サッカーの尻尾BACK NUMBER

乾貴士がエイバルで得た意外な評価。
ドリブラーから「こんなに走るのか」。

posted2015/10/07 10:30

 
乾貴士がエイバルで得た意外な評価。ドリブラーから「こんなに走るのか」。<Number Web> photograph by AFLO

乾貴士が順調に出場すれば、今季中には日本での試合数を海外での試合数が上回る予定だ。

text by

豊福晋

豊福晋Shin Toyofuku

PROFILE

photograph by

AFLO

 バスクの地方紙に執筆する、あるベテラン記者が言った。

「タカ(乾)って、こんなに走る選手だったのか」

 リーガ第7節、ラスパルマス対エイバル戦の試合後のことだ。乾は先発でプレーし、エイバルは0-2で勝っている。

 ベテラン記者は続ける。

「たぶん、エイバルの関係者もそれを知らずに獲得したはずだ。キレのあるドリブラー、というのが彼に関する唯一の情報だったから」

 乾貴士に対して周囲が抱くイメージに、変化が見られつつある。

 当初は誰もが乾のことを、ドリブラーやテクニシャン、いわば天才肌の選手だと見ていた。乾を紹介する現地記事にも「ドリブル」という言葉が頻出した。しかし蓋をあけてみると、彼らが目にしたのは、攻守に走る乾の姿だ。

走らないと、試合に出られないという現実。

 味方がボールを持つと、全力でスペースへ走り抜ける。単独でドリブルを仕掛けることもあるが、印象に残るのは、むしろしっかりとつなぎ、複数で崩していこうとする姿勢だ。

 攻撃だけではない。守備時には相手のサイドバックを自陣深くまで追いかける。先発した過去3試合では、チーム有数の走行距離を出した。

 走る乾。

 そんなイメージが、スペインで定着しつつある。

「ここでは守備も含めて走らないといけない。やらないと、試合に出られないので」

 乾は当然とばかりにそう言った。

 現在のエイバルは、最終ラインから前線までが試合を通して走りきる、リーガの中でも極めて運動量の多いサッカーを見せ、それが結果につながっている。

 7節終了時で勝ち点は12。6位デポルティーボと勝ち点で並び、ヨーロッパリーグ出場圏内を争う。アトレティコとは勝ち点1差、レアル・マドリーとバルサの2強との差もわずか3だ。

 序盤から100%を出し切るエイバルのサッカーに「これが1シーズンもつのか?」という疑問はつきまとうものの、リーガ最小クラブの躍進は今季のトピックのひとつになっている。

【次ページ】 3試合連続先発で、出場時間も伸びている。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
乾貴士
エイバル

ページトップ