JリーグPRESSBACK NUMBER

ACL、敵地・韓国でまたも3点大勝!
柏とは対照的なG大阪の「らしさ」。 

text by

吉崎エイジーニョ

吉崎エイジーニョ“Eijinho”Yoshizaki

PROFILE

photograph byJ.LEAGUE PHOTOS

posted2015/05/21 11:30

ACL、敵地・韓国でまたも3点大勝!柏とは対照的なG大阪の「らしさ」。<Number Web> photograph by J.LEAGUE PHOTOS

極めて難易度の高いボレーで1点目を、マーカー2人をドリブルで振り切ってからのニアへのシュートで3点目を決めた宇佐美貴史。1人で決められる男の存在が、守備の安定にも貢献している。

 今季ACLの開幕当初を見た限りでは、ガンバ大阪の姿は「Jリーグ勢の典型的なマズい事例」のようだった。

 3月3日、グループリーグ第2戦のことだった。アウェーの地で、韓国の城南FCに0-2の敗北を喫した。冷たい雨が降るなかでのゲームだった。筆者自身も現地でこれを取材していたが、敗北の衝撃度はかなり大きかった。

 いくらアウェーとはいえ、前年度Jリーグ三冠チームが敗れた相手がよくなかった。城南FCは、前身の城南一和時代こそACLで2度の優勝歴があるが、2013年を最後に経営母体だった統一教会系グループが撤退し、以降、市民クラブに転換したばかりのチームだ。

 2014年、国内カップ戦の準決勝、決勝でそれぞれ強豪の全北、ソウル相手にベタ引きの守備からPK戦に持ち込み優勝。今大会の出場権を得た。リーグ戦では終盤まで残留争いを続けなんとか残留を果たした、というところだった。

 この相手に、前年のJリーグ三冠クラブが敗れた。

 守備を固められカウンターから2失点を喫しての敗戦。試合後、相手選手は「ガンバにはパスをいくら回されても、ゴール前を固めておけば大丈夫」と口にしていた。

3カ月で見違えた、ガンバ大阪の雰囲気。

 この時の試合直後、ガンバの主力選手から出てくる言葉は“日韓対決”の敗戦後としては最も耳にしたくないものだった。

「なんでもないサッカーに負けた」

 Jリーグとはまったく異なる相手との対策を質問してみても、「いや別にありません」と。

 ああ、これは「Jリーグでの成功にふんぞり返って、現実を理解しようとしない姿」だな、と感じざるを得なかった。相手のサッカーがくだらなかろうがなんだろうが、負けは負けなのではないか、と。

 長谷川健太監督の言葉だけが、リアルを感じ取っているようにも思えた。

「(ゴール前を固めて置けばよいと)言わせてしまうこと自体が、今の我々の弱さだと思います」

 そこから3カ月弱、再び韓国のピッチに立ったチームはまったく逆の結果を残した。

 この国のビッグクラブ・ソウル相手に堂々たる3-1の勝利を収めたのだ。

【次ページ】 注目度は低かった、試合前のガンバ大阪だが……。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/5ページ
関連キーワード
ガンバ大阪
FCソウル
城南FC
柏レイソル
宇佐美貴史
長谷川健太
藤春廣輝
米倉恒貴
チャ・ドゥリ
チェ・ヨンス
アジアチャンピオンズリーグ

ページトップ