Jリーグ万歳!BACK NUMBER

金沢がJ2で3位の理由を徹底解説。
無名と侮るなかれ、これは本物だ! 

text by

細江克弥

細江克弥Katsuya Hosoe

PROFILE

photograph byJ.LEAGUE PHOTOS

posted2015/05/21 10:30

金沢がJ2で3位の理由を徹底解説。無名と侮るなかれ、これは本物だ!<Number Web> photograph by J.LEAGUE PHOTOS

清原翔平(中央)は2012、2013年のJFLベストイレブンにも選出されたチームのエース。憧れの選手はサビオラという165cmの小兵が、金沢を牽引している。

 5月17日に行なわれたJ2リーグ第14節、同勝点で2位と3位につけるジェフユナイテッド千葉vs.ツエーゲン金沢の一戦は、1-1でドロー決着。91分までリードしていた千葉にとってはもちろん手痛く、敗戦目前だった金沢にとっては値千金の「勝点1」となった。

 もう一つの上位対決となったジュビロ磐田vs.大宮アルディージャも1-1のドローとなり、J2の上位争いは相変わらずの混戦模様が続いている。首位の磐田からJ1昇格プレーオフ圏内の6位V・ファーレン長崎まで、勝点差「4」にひしめくデッドヒート。上位対決に臨んだ4チームの後にはアビスパ福岡と長崎が続き、コンサドーレ札幌とセレッソ大阪がその後を追う。

 それにしても、顔ぶれを眺めて首を傾げたくなるのは、やはり金沢である。

 昨季までJ3を戦っていた昇格1年目のチームに、誰もが知っている有名選手はいない。優先的に使える天然芝のグラウンドも、もちろんクラブハウスもない。アウェイの遠征は基本的にはバス移動で、さらにはJ1昇格に必要な「クラブライセンス」もない。だから、仮にJ2を制してもJ1に昇格することさえできない。どこからどう見ても、開幕前なら「降格候補」と予想したくなる零細クラブであり、J1昇格に向けて動き出したばかりの発展途上クラブなのである。

「この勢いはいつか終わる」と思っていたが……。

 ところが、今や「金沢」はJ2におけるメイン・トピックの1つとなった。

 5月4日の第11節終了時点で昇格チームとしては史上初の単独首位に立ったどころか、第4節のFC岐阜戦から続く無敗記録は「11」にまで伸びた。失点「8」は、「今季は(例年と違って)守備が堅い」と評される千葉を差し置いてリーグ最少である。

「いつか終わるだろうけどね」というシメに落ち着くとはいえ、J2のどの会場に行っても「金沢は?」「また勝ったの?」というやり取りが聞こえてくる。自分自身、今思えばふざけた態度で、何度も「終わるだろうけどね」とニヤついたことを思い出す。それでいて、ブームは一向に終息の気配を見せないから、こちらの表情も引きつるばかりだ。

【次ページ】 千葉との一戦で、ようやく金沢の“強さ”がわかった。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/6ページ
関連キーワード
ツエーゲン金沢
ジェフユナイテッド千葉
森下仁之
関塚隆
清原翔平
佐藤和弘
秋葉勝
辻尾真二

ページトップ