JリーグPRESSBACK NUMBER

今Jリーグで最も見ておくべき選手!?
横浜FM・アデミウソンは超万能FW。 

text by

茂野聡士

茂野聡士Satoshi Shigeno

PROFILE

photograph byAFLO

posted2015/03/16 11:40

今Jリーグで最も見ておくべき選手!?横浜FM・アデミウソンは超万能FW。<Number Web> photograph by AFLO

アデミウソンは1994年生まれの21歳。2014年にはU-21代表としてトゥーロン国際大会でチーム得点王となり、ブラジルの優勝に貢献した。

 どうも、「ロマーリオ2世」という触れ込みはしっくりこない。

 横浜FMに加入し、14日のFC東京戦でJデビューしたアデミウソンのことだ。

 U-17時代から世代別ブラジル代表に名を連ね、来年のリオ五輪でも中心選手と目されているアデミウソン。18歳にして名門サンパウロFCでデビューを飾り、U-21ブラジル代表でも10番を背負うなど、将来の世界的ビッグネームと成りうる存在だ。ちなみに今回の移籍はマンチェスター・シティを傘下に置く「シティ・フットボール・グループ」が横浜FMと提携していることもあって加入が決まったと言われている。

 横浜FMはシーズン開幕前に、最前線のファーストチョイスと目されたラフィーニャが負傷。開幕戦では本来サイドアタッカーの齋藤学が1トップを務めるなど、選手の配置に苦心している。そんな状況を打破する得点源として期待を寄せられるからこそ「ロマーリオ2世」というニックネームを謳うメディアもあったのだろう。

チーム合流から1週間も経たずに見せた、実力の片鱗。

 そんな状況で、チーム合流から1週間も経たずに迎えたFC東京戦。

 アデミウソンはいきなりスタメンに名を連ねたが、結局無得点に終わった。

「あれは……ちょっと忘れたいくらいなんですけど、次の試合ではしっかりとチャンスを残してゴールを決めたいと思います」

 そう言って本人は苦笑していたが、この試合でも、実力の片鱗をうかがわせるプレーはあった。しかも高い個人能力で局面打開をするというより、周囲とのコンビネーションでチャンスを作ろうとしたプレーだった。

 そのスタイルをたとえるならば、ロマーリオでもなく、ネイマールでもない。

 むしろセレソンで言うと、コンダクター役を担うオスカル、といった趣なのだ。

【次ページ】 アデミウソンの非凡さを示すふたつのプレー。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
横浜F・マリノス
アデミウソン
齋藤学
エリク・モンバエルツ
中村俊輔

ページトップ