JリーグPRESSBACK NUMBER

山岸範宏、初の「アウェーの埼スタ」。
劇的ヘッド以上の“最高”を求めて。 

text by

轡田哲朗

轡田哲朗Tetsuro Kutsuwada

PROFILE

photograph byJ.LEAGUE PHOTOS

posted2015/03/13 10:30

山岸範宏、初の「アウェーの埼スタ」。劇的ヘッド以上の“最高”を求めて。<Number Web> photograph by J.LEAGUE PHOTOS

山形の守護神としての姿がすっかり板についた山岸範宏。埼玉スタジアムのサポーターは、13年以上ともに戦った男の凱旋を、どんな歓声で迎えるのだろう。

「よく、あのヘディングが『今までのキャリアで最高の試合?』って聞かれるんですよ」

 2月のJリーグプレスカンファレンスで久々に会った山岸範宏は、どちらからともなくあのゴールについて切り出した。

 昨年11月、モンテディオ山形とジュビロ磐田が戦ったJ1昇格プレーオフ準決勝で、敗退目前となった試合終了間際に迎えたコーナーキックのチャンスに攻撃参加して決めた、あまりにも芸術的で劇的なヘディングシュート。サッカー界には、“山の神”という言葉が駆け巡った。

 そもそも、モンテディオというチーム名自体がイタリア語で山を意味する「monte」と、神を意味する「dio」を組み合わせたものだ。それに加えて“山”岸という苗字。“山の神”という呼称が生まれるのも自然の成り行きだった。

 山岸の一撃で勝利をもぎ取った山形は、プレーオフ決勝でもジェフユナイテッド千葉を破り、4年ぶりのJ1復帰を勝ち取った。天皇杯でも決勝進出を果たした山形が、2014シーズン終盤戦のJリーグの顔だったことは間違いない。

「キャリアハイはこれから先にあると思っている」

 山岸のゴールはJリーグ22年の歴史の中で、GKが挙げた7ゴール目になった。しかも、過去の6ゴールはPKやフリーキック、パントキックが風に乗ったものなど全てが足によるもの。ヘディングでのゴールは史上初である。

 それだけに、冒頭のような質問が多くのメディアから浴びせられたのだった。5月に37歳になる年齢も一因だろう。しかし、山岸はあっさりとそれを否定する。

「あれが、キャリアの中でインパクトのあるゲームだったのは確か。でも、キャリアハイはこれから先にあると思っている。最高のゲームはこれから作るものですよ。満足したらそれで終わりじゃないですか」

 聞いた瞬間、実に山岸らしいと感じた。その言葉の背景には、彼の歩んだキャリアと選手として根本に持つ考え方がある。

【次ページ】 西部、都築、加藤……常に競争だった浦和時代。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
山岸範宏
浦和レッズ
モンテディオ山形
西川周作
石崎信弘

ページトップ