プロ野球亭日乗BACK NUMBER

巨人・菅野智之、2年目の挫折と復活。
在りし日の原貢が語った「原家の血」。  

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph byNaoya Sanuki

posted2014/09/29 11:30

巨人・菅野智之、2年目の挫折と復活。在りし日の原貢が語った「原家の血」。 <Number Web> photograph by Naoya Sanuki

菅野智之、ルーキーイヤーにあげた13勝まであと1つ。そしてそれは、ハーラートップを走るメッセンジャーに並ぶ勝利でもある。

 4月29日。巨人・原辰徳監督の父で、東海大系列校野球部総監督だった原貢さんと食事をする機会があった。

 場所は東京ドームの近くの中華料理店。その日は、原監督の甥で貢さんにとっては孫にあたる菅野智之投手がヤクルト戦に先発する日だった。

 菅野が東京で投げるときには貢さんは欠かさず観戦していて、この日もそのために東京ドームに駆けつけてきた。そうして試合前の食事をしているところにお邪魔をさせてもらったというわけだ。

「あの子はね、見た目と違ってガーッといきたがるところがあるんですよ。そういう気持ちの激しさがあるのが、いいところであり、悪いところでもあるんだ。もう少し冷静に自分を制していかないといけないこともあるんですよ」

 話は自然と菅野のことになった。

 子供の頃からずっと菅野を見てきた。

 原家と菅野家で旅行に行くと、子供たちは朝の食事のあとには勉強とトレーニングの時間があったという。

「ハワイに行っても、少しでも時間があれば腹筋しとけ、砂浜をランニングして来い、みたいなものですよ。でも、そうやって子供の頃から鍛えているから、ケガには強い身体になっているはずなんだ」

 貢さんは嬉しそうにこう話した。

「お前さんは投手しかできないよ」

 菅野の投手としての才能を最初に見抜いたのも、実は野球人・貢さんの目だった。

「あの子は子供の頃はバッティングが好きで、内野ばかりをやっていた。でも、ひざの関節と股関節が固かったから、内野手には向かなかったんですよ。その代わり手足が長くて体型はピッチャー向き。だから『お前さんは投手しかできないよ。一生懸命、ピッチャーの練習をしなさい』って言って、投手に専念させたんです」

 東海大系列校の野球部の総帥として、菅野が歩んだ東海大相模高校、東海大という野球人としての道のすべてを、貢さんは見てきたわけである。

【次ページ】 菅野の話をしたわずか5日後……。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
原辰徳
読売ジャイアンツ
原貢
菅野智之

ページトップ