Sports Graphic NumberBACK NUMBER

<独占インタビュー再録> 錦織圭 「壁は必ず打ち抜ける」 

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph byTetsushi Ogawa

posted2014/09/08 17:00

2013年夏、トップ10 を目前にした錦織は、その重圧から不振にあえいでいた。
しかし、終盤は復調。ケガもなくシーズンを戦い抜いたことで経験値も蓄えた。
頂点に挑み続ける若武者が、BIG4との距離感や今季の戦い方を語る。

今年1月発売のNumber845号「世界一を獲る!」より、開幕前に錦織選手が
BIG4との戦い、世界の頂点について語った記事を特別に全文公開します!

 2013年夏。錦織圭は必死にもがいていた。相手だけでなく、疲れ果てた心や体とも戦っていた。見ているのがつらくなる試合もあった。アンドレアス・セッピに逆転負けしたウィンブルドン3回戦だ。錦織のフォアハンドは完全に崩れていた。ミスを恐れ、安全なボールでただラリーを続けているだけ。腕が縮んでガツンと叩けないから、ボールには伸びも精度もない。そこにつけ込まれた。錦織が得意のフォアを攻められ、ミスを重ねるのは信じられない光景だった。

 原因の一つは古傷の左ひざと右足首の痛み。4月のクレーコートシーズンから酷使してきた体は限界に近かったはずだ。それ以上に、精神面がギリギリの状態だった。連戦の疲労、そして世界ランキング・トップ10入りの重圧が重くのしかかっていたのだ。

 ウィンブルドン開幕前に11位に浮上した。目標にしてきた10位まであと少し。しかし、自分自身への期待は、たちまちプレッシャーに姿を変えた。7月、8月と不振は続いた。全米は1回戦で敗退。テレビ解説のジョン・マッケンローは「明らかにトップ10入りの重圧だ」と看破した。

'13年の最終ランキング17位にも「収穫はあった」。

 '13年の最終ランキングは17位。1年前の19位から2つしか上がっていない。しかし、錦織のシーズンを振り返る言葉は思いのほか前向きだった。11月に東京・有明コロシアムで行なわれたエキシビションマッチの際の会見で、錦織はこう話した。

「もう少しランキングが上で終われたら、という悔いはありましたが、今までになかったことも経験できたので、経験値としてしっかり蓄えています。大きなケガで休むこともなかったので、それも収穫だったと思います」

 表情が明るいのは、シーズン終盤の戦いに手応えがあったからだろう。9月に行なわれたデビスカップ、日本対コロンビア戦ではシングルスで2勝を挙げ、日本のワールドグループ復帰の立役者となった。自身のシーズン最終戦となったパリ室内では9位のジョーウィルフリード・ツォンガに勝つなど、復調の確信を得て1年を終えたに違いない。

 蓄えた「経験値」の中味を尋ねることからインタビューを開始した。

「ケガをしないで1年戦えたのは今までになかったことですね。例年、1、2カ月休む大きなケガがありましたが、トレーニングで体も強くなって、そのおかげで安定した結果も出ていたし、そこが1年通して戦えるキモになったと思います」

【次ページ】 「メンタルの疲れが一番の原因だった」

1 2 3 4 5 NEXT
1/5ページ

ページトップ