テニスPRESSBACK NUMBER

グランドスラム準優勝で「謝罪」。
なぜ錦織圭の武器は機能しなかった? 

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph byAFLO

posted2014/09/09 15:20

グランドスラム準優勝で「謝罪」。なぜ錦織圭の武器は機能しなかった?<Number Web> photograph by AFLO

激闘を終え、準優勝のトロフィーを手にする錦織圭。世界ランクは日本人史上最高の8位となり、再びトップ10に返り咲いた。

「チームのみんな、ゴメンナサイ。今日はトロフィーを手にできなかったけれど、次は必ず取ります」

 全米オープン、表彰式のインタビューで錦織圭は、家族招待席のコーチや仲間に詫びた。

 テニスは個人スポーツだが、トップクラスの選手はコーチ、トレーナー、さらにはマネジャーなど数人がチームでサポートする。錦織はこの日、マイケル・チャン、ダンテ・ボッティーニの両コーチや中尾公一トレーナーら、献身的に支えてくれたメンバーに優勝の謝辞を捧げることはできなかった。

 マリン・チリッチ(クロアチア)との過去の対戦成績は5勝2敗、今季に限れば2勝0敗だった。しかし、世界ランク3位のロジャー・フェデラーと7位のトマーシュ・ベルディハを破って勢いに乗るチリッチは、以前とは別人だった。

 チリッチは17本のサービスエースを錦織に浴びせ、アンフォーストエラー(自分からのミス)を27本にとどめるなど、準々決勝、準決勝に続いて、ほぼ完璧なプレーを見せた。

「前の彼はもっと粗い選手だった。しかし、この大会ではサーブがより堅実になった。コートカバーリングもよくなっている」

 準決勝でチリッチに敗れたフェデラーは、チリッチの格段の進歩をそう指摘したが、そのアタッキングテニスを初の四大大会決勝でも貫いた。

得意とするはずのロングラリーでも、形勢不利に。

 だが敗因の第一は、錦織のパフォーマンスが最後まで上がらなかったことだろう。

 錦織は完敗をこう振り返った。

「ずっと迷走している感じだった。全く先が見えない試合だった」

 立ち上がりから、錦織のボールには準決勝までの伸びがなかった。ツアー屈指の敏捷性を披露する機会もほとんどなかった。錦織の武器が、武器として機能しない。ロングラリーで強みを発揮するのが錦織だが、ボールが何度も両者の間を行き来するうちに、徐々に形勢不利になる場面が多かった。

【次ページ】 錦織「プレッシャーを自分で作ってしまった」

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
錦織圭
マイケル・チャン
マリン・チリッチ
全米オープン(テニス)

ページトップ