野球クロスロードBACK NUMBER

交流戦2年ぶり優勝を果たした巨人。
常勝軍団が覚醒した“原のタクト”。 

text by

田口元義

田口元義Genki Taguchi

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2014/06/24 10:30

交流戦2年ぶり優勝を果たした巨人。常勝軍団が覚醒した“原のタクト”。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

捕手、代打、新戦力と次々積極采配に打って出た原辰徳監督。交流戦優勝、そしてセ・リーグでも早くも独走態勢。「新」巨人は昨年逃した日本一を本気で狙っている。

「本来なら、今日の試合を重要な位置づけとして戦いましたが、明日という日を迎えられるということでね。どこかに喜びを感じながら戦っていきたいです」

 交流戦優勝に王手をかけた6月21日、ソフトバンク戦に敗れた巨人の原辰徳監督は、試合後の会見でそう言って前を向いた。

 翌日の天王山。前日の試合で9回に代打を送られた4番の村田修一が1本塁打4打点と気を吐き、交流戦から一軍に昇格した亀井善行が2安打1打点、小山雄輝が3勝目をマークするなど、打つべき選手が打ち、投げるべき選手が投げ切った末に勝利した。

 2年ぶりとなる交流戦制覇。戦前から「優勝しよう!」と声高らかに明確な目標を掲げ続けた指揮官に、選手たちは応えた。

 時計の針を巻き戻せば、それは決して簡単な目標ではなかったはずだ。

小山と亀井らを抜擢して貴重な戦力とした「大胆の采配」。

 絶対的な優勝候補としてシーズンを迎えながら広島に快進撃を許した。交流戦スタート時の成績は23勝20敗の3位。首位とのゲーム差4.5と苦心の日が続いた。

 それでも、原監督は有言実行を果たした。

 背景にあるのは信念。結果に左右されず、自らの意思を貫き通す「大胆の采配」があったからに他ならない。

 そのことにより強力な戦力も生まれた。

 象徴するのは小山だ。5月25日の日本ハム戦で一軍昇格後、即先発。シーズン初勝利を収めた右腕は勢いに乗り、左肩痛で戦線を離脱した内海哲也の穴を埋めた。

 春季キャンプで右手人差し指を骨折し出遅れた亀井も指揮官の期待に応えたひとりだ。31日に一軍登録されるやいなや、その日のオリックス戦で決勝弾を放つと中軸を任されるまで安定した力を披露した。交流戦16勝のうち殊勲打は実に4度。「勝負強さが出ている」と指揮官を唸らせた。

 途中加入ながらたちまち「交流戦MVP候補」にまで躍り出た小山と亀井の活躍は、「実力至上主義」を標榜する原監督からすれば想定内だったのかもしれない。

 だが、指揮官の信念のある大胆采配は、1試合単位でも発揮されていたのだ。

【次ページ】 6月に入って、さらに積極性を増した攻めのタクト。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
読売ジャイアンツ
原辰徳
小山雄輝
亀井義行
北海道日本ハムファイターズ
小林誠司
阿部慎之助
高橋由伸

ページトップ