ブラジルW杯通信BACK NUMBER

硬直した采配と残酷なベンチ風景。
ギリシャ戦、なぜ交代枠を残したのか。 

text by

矢内由美子

矢内由美子Yumiko Yanai

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2014/06/20 12:40

硬直した采配と残酷なベンチ風景。ギリシャ戦、なぜ交代枠を残したのか。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

必勝を期して挑んだ第2戦、手にしたのは失望の勝ち点1だった。「優勝を目指す」そう公言して臨んだW杯を、こんな形で終わらせるわけにはいかない。

 後半アディショナルタイムは4分あり、2分近くがまだ残っていた。交代のカードもまだ1枚残っている。だが、アップエリアにいた清武弘嗣、柿谷曜一朗、齋藤学の3人がコーチの指示を受けて向かった先はピッチではなく、ベンチだった。胸が締め付けられる光景だった。

 硬直したザッケローニ采配の下、青き戦士たちが再び唇を噛みしめた。

 ブラジルW杯グループリーグ第2戦。日本は10人のギリシャに終盤パワープレーを試みるなど猛攻を仕掛けたものの、最後までゴールをこじ開けることができず、スコアレスドロー。2戦を終えて勝ち点1となり、自力突破が消滅した。第3戦でコロンビアに勝てばもう1試合の結果次第で決勝トーナメント進出の可能性は残るが、極めて苦しい状況だ。

混乱に陥ったギリシャと、猛攻をかける日本。

 アルベルト・ザッケローニ監督は初戦から2人のメンバーを入れかえ、ポジションにも変化をつけた。左サイドの香川真司に代えて大久保嘉人を入れ、その大久保が右、岡崎慎司が左。最も警戒するギリシャの右サイド、トロシディスからの攻撃を封じるという狙いだった。また、センターバックの一角には初戦の森重真人から代え、今野泰幸を入れた。

 静かな立ち上がりから少しずつ動きが出始めたのは15分を過ぎたころだった。

 19分、内田篤人が右サイドから中へ切れ込んで大久保嘉人へクサビのパス。落としたところを大迫勇也が左足でミドルシュートを打つ。その2分後には左サイドに流れていた大迫が中へ切れ込みながら右足シュート。いずれも枠を捉えることはできなかったが、この2つのプレーを契機に、日本がボールを支配する流れができた。

 一方のギリシャは、カウンターに活路を見いだそうとするが、徐々にプレーが荒くなっていく。27分にキャプテンのカツォラニスが警告を受けると、その4分後にはミトログルが右脇腹を痛めてプレーが中断。35分にゲカスと交代した。

 早くも1枚目のカードを切ることになったギリシャは、ピッチ内で混乱が生じていく様子が手に取るように分かり、38分にはカツォラニスがこの日2枚目のイエローで退場。10人になったギリシャは、41分にフェトファツィディスを下げてカラグーニスを入れ、4-4-1の布陣に替えた。

【次ページ】 相手が10人になって、逆に苦しくなった。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
アルベルト・ザッケローニ
大久保嘉人
香川真司
岡崎慎司
今野泰幸
森重真人
内田篤人
大迫勇也
遠藤保仁
長谷部誠
長友佑都
吉田麻也
齋藤学
本田圭佑
ブラジルW杯

ページトップ