サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

W杯イヤー始動、ザックが選んだ23人。
“機能しない”3-4-3が持つある効果。  

text by

戸塚啓

戸塚啓Kei Totsuka

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2014/02/28 11:40

W杯イヤー始動、ザックが選んだ23人。“機能しない”3-4-3が持つある効果。 <Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

ワールドカップ開幕まで残り3カ月。タイミングとしては既に代表候補を探すというよりもメンバーを23人に絞り込んでいく色合いが強い段階に入っている。ザックのお眼鏡にかなうのは果たしてどんな23人だろうか。

 妥当な着地点、といった感じだろうか。

 3月5日に行なわれるニュージーランド戦のメンバーである。

 ザックことアルベルト・ザッケローニ監督はこれまで、「代表の扉はつねに開いている」と繰り返してきた。実際に閉ざされているわけではないが、扉はひどく重い。テストが許される最後の機会となるニュージーランド戦にも、昨季のJ1で結果を残した大久保嘉人や川又堅碁は選出されなかった。

 昨年11月の欧州遠征から、数人の入れ替わりはある。それにしても、継続という概念の範囲内にとどまる。

 逆説的に言えば、ワールドカップへ向けた指揮官の構想は、ほぼ固まっているということだろう。大久保や川又だけでなく、海外組のハーフナー・マイクや乾貴士も厳しい立場に追い込まれている。

最初の論点は、香川と本田のパフォーマンス。

 ニュージーランド戦の最初の論点は、香川真司と本田圭佑のパフォーマンスだ。マンチェスター・ユナイテッドで出場機会が限られている背番号10と、新天地ミランで調子に乗り切れない攻撃の支柱に、本来の自分を取り戻すきっかけをつかんでもらう。格下を選んだマッチメイクが、ここにきて重みを増してきた。

 ふたつ目の論点は、ケガで招集外となった内田篤人と長谷部誠のポジションである。

 内田の右サイドバックには、駒野友一が選出された。昨年8月以来の復帰だが、Jリーグは開幕したばかりだ。海外組に比べると、ゲーム勘やゲーム体力が十分でない。シュツットガルトで右サイドバックのレギュラーを務める酒井高徳の先発起用が濃厚だ。ハノーファーでポジションを失った酒井宏樹に出場機会を与える選択肢もあるが。

 いずれにしても、内田が復帰すれば彼と長友佑都が先発に指名され、酒井高と酒井宏がバックアップにまわるだろう。駒野が長く務めてきた両サイドをカバーする役割は、酒井高へ引き継がれるはずだ。

【次ページ】 サイドバックと比べて、ボランチはサバイバル。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
アルベルト・ザッケローニ
香川真司
本田圭佑
駒野友一
酒井高徳
酒井宏樹
長友佑都
遠藤保仁
山口蛍
細貝萌
青山敏弘
サブリ・ラムシ
フェルナンド・サントス
ブラジルW杯
サッカーW杯

ページトップ