JリーグPRESSBACK NUMBER

フォルランと柿谷のコンビを長居で。
超大物がもたらす得点、集客、成長。 

text by

矢内由美子

矢内由美子Yumiko Yanai

PROFILE

photograph byREUTERS/AFLO

posted2014/01/30 10:45

フォルランと柿谷のコンビを長居で。超大物がもたらす得点、集客、成長。<Number Web> photograph by REUTERS/AFLO

昨年11月の代表の試合で、衰えぬフィットネスを見せ付けたフォルラン。世界のトップFWがJで見せるプレーに期待したい。

 1月に桜が開花したようなビッグニュースが舞い込んだ。Jリーグの話題で、これほどストレートなワクワク感を抱くのはいつ以来だろう。

 セレッソ大阪が世界的ストライカーとして知られるウルグアイ代表FWディエゴ・フォルランを獲得したのだ。

 1979年生まれのフォルランは現在34歳。日本でいえば小野伸二や稲本潤一、小笠原満男ら“黄金世代”と同じ年齢だ。

 ウルグアイの首都モンテビデオでサッカーエリートとして生まれ育った。祖父は元ウルグアイ代表監督。父のパブロ・フォルランはブラジルのサンパウロFCやクルゼイロでもプレーしたことのある選手で、ウルグアイ代表として2度のワールドカップ出場歴のある名選手である。

 ただ、少年時代のフォルランの家は、交通事故で足の自由を失ってしまった姉の治療費がかさみ、経済的に苦しかったという。

ビジャレアル、アトレティコで2度のゴールデンシューに。

 家計を助けるためにプロサッカー選手になることを決意し、15歳の時にウルグアイの名門ペニャロールの下部組織に加入。その後、アルゼンチンのインデペンディエンテとプロ契約を結び、頭角を現す。

 2002年1月にアレックス・ファーガソン監督率いるマンチェスター・ユナイテッドに加入。そこでの活躍はめざましいものではなかったが、2004年夏に加入したスペインのビジャレアルでは、2004-2005シーズンに38試合25得点でリーグ得点王になり、ゴールデンシュー(欧州リーグ最多得点者)にもなった。

 2007年夏には同じスペインのアトレティコ・マドリーに移籍し、ここでも得点を量産。特に2008-2009シーズンには33試合32得点という素晴らしい成績で、自身2度目のリーグ得点王と2度目のゴールデンシューに輝いた。

 クラブでの活躍もさることながら、日本ではウルグアイ代表での活躍がよく知られている。

【次ページ】 代表でも、南アW杯では得点王と大会MVPを獲得。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
ディエゴ・フォルラン
セレッソ大阪
フレドリック・ユングベリ

ページトップ