Number ExBACK NUMBER

強豪校の監督たちがトークバトル!?
箱根への駆け引きは始まっている。 

text by

小堀隆司

小堀隆司Takashi Kohori

PROFILE

photograph byAFLO

posted2013/12/25 10:30

強豪校の監督たちがトークバトル!?箱根への駆け引きは始まっている。<Number Web> photograph by AFLO

2013年の箱根で、3区を任せた設楽悠太に指示を出しながら並走する東洋の酒井俊幸監督。37歳、現役時代には3度箱根を走った東洋OBだ。

 口火を切ったのは、前回優勝校、日体大を率いる別府健至監督だった。

「目標は3位以内。3位以内には2位も1位もあるということで、確実に勝てるように戦いたいなと思います」

 去る12月10日、恵比寿ガーデンプレイスで開催された「監督トークバトル」でのひとこまだ。

 壇上に並んだのは、前大会で5位までに入った、日体大、東洋大、駒大、早大、帝京大の各監督たち。同日、第90回箱根駅伝のチームエントリー記者会見が行われ、当イベントまでの間に若干のアルコールが入った影響もあるのだろう。思わぬ本音が飛び出して、大会予測がより面白くなった。

 すでに全日本と出雲を制し、大学駅伝3冠に王手を賭けている駒大が優勝候補の本命と見られているが、別府監督の口ぶりからは確かな自信がうかがえた。

「山では絶対に負けないと思いますので、4区までにいかに流れを作るか。2区が重要になると考えています」

 前回は山登りの5区で服部翔太が逆転に成功し、他チームとの差を一気に広げた。その服部が健在だけに、口もなめらかになるというもの。トーク終盤では意外な発言も飛びだし、ファンで埋まった会場をどよめかせた。

「普通に考えれば次も服部が5区なんでしょうけど、どうしても走りたいと言うコが他にいるんですよ。山中(秀仁)なんですけど、彼も間違いなく良いタイムで走ります」

 牽制か、それとも思わずこぼれた本音だろうか。特殊かつ最長区間である5区に切り札を2枚持つのは他校にない強みだ。2区と5区、日体大が往路の重要区間を制せば、連覇の偉業がぐっと近づく。

「前回は服部くんをなめてましたね」

 その日体大に堂々「山」で勝負する姿勢を見せたのが、早大の渡辺康幸監督だった。

 5区起用が濃厚なのは、2年連続でこの区間を好走している3年生の山本修平。「ここをウチが獲れば、下剋上を起こせるのではないか」と、作戦プランの一部を明らかにした。

「前回は服部くんをなめてましたね。かなり前半を突っ込ませたんですけど、ウチが先にへばってしまった。今年は服部くんをあの柏原(竜二)くんだと思って走らせますから、また違った山登りになるんじゃないかなと思います」

【次ページ】 早稲田の主将、大迫傑は渡米前に区を指定。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
別府健至
日本体育大学
東洋大学
駒澤大学
早稲田大学
帝京大学
服部翔太
渡辺康幸
山本修平
大迫傑
酒井俊幸
設楽啓太
設楽悠太
中野孝行
窪田忍
油布郁人
村山謙太
中村匠吾

ページトップ