Number ExBACK NUMBER

元選手にして俳優の和田正人が選ぶ、
忘れられない箱根の名勝負とは? 

text by

Number編集部

Number編集部Sports Graphic Number

PROFILE

photograph byMasato Wada

posted2013/12/28 08:01

元選手にして俳優の和田正人が選ぶ、忘れられない箱根の名勝負とは?<Number Web> photograph by Masato Wada

日本大学時代には、復路の主要区間である9区を2度走るなど、チームの主軸として活躍した和田正人さん。

箱根駅伝で華々しい活躍を見せても、多くの選手は大学で競技生活を終え、
新しい世界に飛び込んでいくことになる。
現在、俳優として朝の連続テレビ小説「ごちそうさん」にヒロインの幼馴染・
源太役として出演中の和田正人さんもその一人だ。

日本大学で活躍後、卒業後に進んだ実業団の廃部を機に、俳優に転身した。
その彼が、今でも忘れられない名勝負とは――。
「Number PLUS 箱根駅伝」号のスピンオフ企画を特別に全文公開します!

 今でも僕の記憶の中に鮮明に焼き付いている名勝負があります。

 2001年・第77回大会の第5区、中央大学の藤原正和選手、順天堂大学の奥田真一郎選手、法政大学の大村一選手のデッドヒートです。

 小田原中継所、先頭で襷が渡ったのが法大。29秒差で順大。先頭から1分10秒差で中大でした。

 3位・中大の5区を走る藤原選手は、この区の区間記録を持つ実力者。順大の奥田選手も箱根での優勝や区間賞を獲得した経験のある実力者。一方、法大の大村選手はタイトルの獲得はなく、1万mの自己記録も平凡。あっという間に先頭の順位は入れ替わり、順大と中大の一騎打ちになると思っていました。

法大を先頭に3校が続く、熾烈な争い。

 ところが、それほど差が縮まらない。強風の影響を受けて、奥田選手も藤原選手も追いあぐねていたのです。

 それでも徐々に差を縮め、レース終盤の国道1号線最高地点付近では、法大を先頭に20~30m間隔に3校が続く、熾烈な争いになりました。この日の箱根山中は、稀に見る強風で、ときおり突風が選手を襲います。3選手ともに表情はとても険しく、体を大きく前傾しヨロヨロと左右に蛇行するような状況でした。

 そんな中で、とうとう奥田選手が大村選手に追いつきました。

 法大は、ここまで先頭を譲らなかっただけでも大健闘というのが、正直な感想でした。すぐに先頭交代か、と思われましたがここで目を疑うような光景が飛び込んできました。

 実力では圧倒的に劣る大村選手が、追いつかれた途端にスパートし奥田選手を突き放しにかかったのです。

 食い下がる、奥田選手。

 更にスパートを試みる、大村選手。

 必死に粘る、奥田選手。

 幾度もスパートを試みる、大村選手。

【次ページ】 残り1.5km地点で待ち構えていた、更なるドラマ。

1 2 NEXT
和田正人
法政大学
大村一
奥田真一郎
順天堂大学
中央大学
藤原正和

ページトップ