詳説日本野球研究BACK NUMBER

実力の東都が名門の六大学を駆逐!?
ドラフトで見る大学リーグの勢力争い。 

text by

小関順二

小関順二Junji Koseki

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2013/06/26 10:31

実力の東都が名門の六大学を駆逐!?ドラフトで見る大学リーグの勢力争い。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

2000年のドラフト会議で巨人を逆指名し1位で入団した阿部慎之助。東都リーグの中央大時代は、チームを2部から1部に昇格させ、2000年夏にはシドニー五輪代表にも選出されるなどアマ球界No.1捕手だった。

 大学野球選手権(6/11~16)が佳境を迎えていた頃、プロ野球の世界にも学閥があるのか気になって調べてみた。

 監督だと東都出身者が小川淳司(中央大)、野村謙二郎(駒沢大)、和田豊(日本大)、中畑清(駒沢大)の4人、東京六大学出身者が星野仙一(明治大)の1人で東都が多い。高校卒、大学卒、社会人出身で比較すると高校卒が高木守道(県岐阜商)、渡辺久信(前橋工)、秋山幸二(八代)、伊東勤(熊本工→所沢)、森脇浩司(社)の5人、大学卒は先の5人に原辰徳(東海大)、栗山英樹(東京学芸大)を加えて7人になり、やや大学卒が多い。

 監督は人気商売という一面もあるので、この勢力分布は1年で変わる可能性があるが、選手はそうはいかない。大学だけに絞って、どのリーグが中心勢力になっているのか調べてみた。

 2大リーグと言ってもいい東都大学リーグ、東京六大学リーグ出身者は現在、プロ野球界に東都60人、六大学36人いる。全員の名前を出すとまとまりがつかなくなるので、現役選手でベストチームを組んでみた(一軍登録人数にならって28人ほどを選出)。

大学野球を席巻する東都リーグ出身者に一流選手が集中。

●東都大学リーグOB選抜
[投手]11人……澤村拓一(中大)、高木京介(国学院大)、石川雅規(青学大)、館山昌平(日大)、福原忍(東洋大)、増井浩俊(駒大)、武田久(駒大)、木佐貫洋(亜大)、武田勝(立正大)、十亀剣(日大)、藤岡貴裕(東洋大)

[捕手]3人……阿部慎之助(中大)、大野奨太(東洋大)、嶋基宏(国学院大)

[内野手]8人……村田修一(日大)、井端弘和(亜大)、梵英心(駒大)、新井貴裕(駒大)、新井良太(駒大)、松田宣浩(亜大)、井口資仁(青学大)、鈴木大地(東洋大)

[外野手]6人……長野久義(日大)、亀井善行(中大)、大島洋平(駒大)、長谷川勇也(専大)、聖澤諒(国学院大)、清田育宏(東洋大)

●東京六大学リーグOB選抜
[投手]12人……岩田慎司(明大)、福井優也(早大)、野村祐輔(明大)、安藤優也(法大)、藤井秀悟(早大)、三嶋一輝(法大)、大石達也(早大)、長田秀一郎(慶大)、斎藤佑樹(早大)、山本省吾(慶大)、戸村健次(立大)、大谷智久(早大)

[捕手]2人……杉山翔大(早大)、細山田武史(早大)

[内野手]8人……田中浩康(早大)、鳥谷敬(早大)、上本博紀(早大)、荒木郁也(明大)、後藤武敏(法大)、大引啓次(法大)、稲葉篤紀(法大)、今浪隆博(明大)

[外野手]8人……高橋由伸(慶大)、武内晋一(早大)、廣瀬純(法大)、浅井良(法大)、伊藤隼太(慶大)、松本啓二朗(早大)、島内宏明(明大)、G.G.佐藤(法大)

 東都優位であることは誰の目にも明らかだ。

 こういう現実を前にするといろいろな理屈がくっついてきそうだが、とりあえずそういうのは無視する。東都大学リーグが大学野球界を席巻し、クオリティの高い選手を数多く輩出している事実だけに目を向けて話を続けよう。

【次ページ】 ドラフト上位には六大学出身選手が集中する逆転現象が。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
読売ジャイアンツ
中日ドラゴンズ
東京ヤクルトスワローズ
広島東洋カープ
阪神タイガース
横浜DeNAベイスターズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
千葉ロッテマリーンズ
オリックス・バファローズ
北海道日本ハムファイターズ
埼玉西武ライオンズ
福岡ソフトバンクホークス

ページトップ