F1ピットストップBACK NUMBER

亜久里との勝負から14年後――。
日本GPでの可夢偉の3位激走を追う。 

text by

尾張正博

尾張正博Masahiro Owari

PROFILE

photograph byHiroshi Kaneko

posted2012/10/09 11:40

亜久里との勝負から14年後――。日本GPでの可夢偉の3位激走を追う。<Number Web> photograph by Hiroshi Kaneko

今季は中国GPで予選3位、ベルギーGPで予選2位にもかかわらず不運にも表彰台を逃してきた可夢偉。表彰台でのコメントは「皆さん、ありがとうございました。初めての表彰台が何と鈴鹿でした!」だった。

 遡ること14年前。当時12歳だった少年は、あるテレビ番組の企画で日本人として初めてF1の表彰台に上がった鈴木亜久里とカートで対決した。少年の名前は小林可夢偉。

「レースで一番楽しいのは、バトル。10年後の夢は、F1ドライバー」とテレビカメラの前でモータースポーツへの熱き思いを語った可夢偉にとって、日本GPで3位表彰台に登壇していた亜久里は、神様のような存在だった。

 その亜久里との対決は、1周目から激しいバトルが展開された。スタートからリードしていた可夢偉は、亜久里に何度もオーバーテイクされそうになりながらも必死に防戦。なんとか逃げ切って勝利を収めた。レース後、亜久里は笑顔で可夢偉を讃えた。

「もう少し考えてレースができるようになれば、もっと速くなるよ」

 褒められたにもかかわらず、少年の顔に笑みはなかった。逆に瞳は涙で潤んでいた。「(亜久里さんに)遊ばれとった」と。

 可夢偉にはわかっていたのである。亜久里はオーバーテイクできなかったのではなく、あえてしなかったのだ、と。

亜久里が見守る中、日本GP決勝に臨んだ小林可夢偉。

 2012年の秋。2人は鈴鹿でカートではなく、F1マシンをドライブしていた。

 しかし、直接バトルすることはなかった。なぜなら、亜久里が乗ったのは今から22年前の'90年に表彰台を獲得したときにドライブしたラルースLC90・ランボルギーニ。鈴鹿サーキット50周年の記念のイベントとして、ファンの声援を受けながらサーキットを1周しただけだったからだ。

 その約2時間後。可夢偉は愛車ザウバーC31に乗り込み、亜久里が見守る中、日本GP決勝レースに臨んだ。レースはオープニングラップから手に汗握るバトルが繰り広げられた。

 相手はジェンソン・バトン。

 2人がバトルを演じるのは、これが初めてではない。2人の戦いは、可夢偉がF1にデビューした'09年のブラジルGPから始まっていた。

【次ページ】 可夢偉のザウバーC31よりバトンのMP4-27の方が速い!

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
小林可夢偉
BMWザウバー
鈴木亜久里
ジェンソン・バトン
マクラーレン

ページトップ