プロ野球亭日乗BACK NUMBER

「野球という生き物」が統一球で変化。
指揮官に必要な脱“常識”采配とは? 

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2012/08/20 10:30

「野球という生き物」が統一球で変化。指揮官に必要な脱“常識”采配とは?<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

8月半ばにして勝率が6割を大幅に超えている原巨人。その背景には、圧倒的な戦力のみならず、統一球導入後の野球に対応した指揮官の采配もあるようだ。

「野球は生き物だ」

 こう語ったのは巨人の長嶋茂雄終身名誉監督だった。

 自身も監督時代にセオリーを超えた独特の采配を“カンピューター野球”と揶揄されたが、その反面、「生き物」を相手に、それまでの常識を打ち破る作戦を次々と敢行。1点を追う9回2死一塁で走者を盗塁させて、ワンヒットで同点に追いつく――今ではセオリーとなっているこの作戦も、若き日の長嶋監督のタクトから生まれたものだった。

 固定観念にとらわれてしまうと、勝利は手の中からスルリと逃げていってしまう。生き物である野球を相手にするのだから、その息づかいを読み取って、状況に応じて臨機応変に対処しなければならない。ミスターはそのことを説いていたわけである。

 今年の巨人・原辰徳監督の采配をみていると、改めて「野球は生き物」であり、古い固定観念を捨て去ることの大切さを感じる。

タブーをつぎつぎに打ち破る原采配に集まる批判の声。

 実は今年の原采配には、批判が絶えない。

 いくつかを列挙してみよう。

(1) 4月15日の横浜戦で4番の阿部慎之助捕手に送りバントをさせたこと。
(2) 7月1日の中日戦にルーキーの田原誠次投手を初先発させながら、2回に満塁のチャンスをつかむと代打を送って降板させたこと。
(3) 8月2日の中日戦でそれまで63試合で4番を打っていた村田修一内野手の打順をいきなり7番に下げたこと。
(4) 8月7日の阪神戦で長野久義外野手を先発から外したこと。

 こうした采配には、周囲から様々な批判の声が聞こえている。

「4番の阿部に送りバントでは、やる気をなくさせるだけではないか?」

「せっかく若手を先発に抜擢しても、2回で交代させたら育つ選手も育たない」

「いきなり7番を打たされたら村田のプライドがズタズタではないか」

「いくら阪神の先発が相性の悪いメッセンジャーだからといって、先発から外したりしていたら長野が中心選手には育たない。ましてやその前のDeNA戦で長野は好調だっただけになおさらだ」

 まあ、こんな声が主たる批判だったと思う。いずれもこれまでの“常識”からは、タブーとされていた采配、選手起用かもしれない。

【次ページ】 統一球導入後の野球には今までの常識は通用しない。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
読売ジャイアンツ
原辰徳
長嶋茂雄
阪神タイガース
坂本勇人
阿部慎之助
田原誠次
村田修一
長野久義
和田豊
杉内俊哉

ページトップ