フェアウェイの舞台裏BACK NUMBER

青木功、松岡修造らとどう話す?
ゴルフ中継アナウンサーの秘密。 

text by

雨宮圭吾

雨宮圭吾Keigo Amemiya

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS/AFLO

posted2012/05/23 10:30

青木功、松岡修造らとどう話す?ゴルフ中継アナウンサーの秘密。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS/AFLO

石川遼は「とおとうみ浜松オープン」に出場後、6月14日~17日に行なわれる全米オープン出場のため渡米した。

 トーナメント運営に40年近く関わっているツアーの生き字引のような人物がいる。ツアー関係者や選手からの信頼も厚いその人がゴルフの実況についてこんなことを言っていた。

「俺は森下が一番うまいと思ってるんだ」

森下桂吉アナウンサー(テレビ朝日)。1982年にテレ朝入社のベテラン。

 森下とはテレビ朝日の森下桂吉アナウンサーのことである。

「青木功に羽川豊がいてそこに(ゴルフキャスターの)戸張捷までいる。みんなほっといたら止まらないようなタイプなのに、そこに松岡修造まで入ってくるんだから。これをまとめられる人間はなかなかいないだろう」

 確かに全米オープンや全英オープンの中継を見ていると、アナウンサーが気の毒に思えてくるほどヘビー級の顔ぶれである。プロゴルファーの青木功と羽川豊がダブルで解説を務め、ゴルフキャスターの戸張捷氏が博識ぶりを遺憾なく発揮し、全英オープンではさらに松岡修造氏がラウンドリポーターで加わることもある。

 この面々との立ち回りには相当な技量が求められるのもうなずける話だ。とはいえ、それは冗談半分のこと。確たる理由は別のところにある。

「もちろん解説者の扱いもうまいけれど、やっぱり実況がいい。なによりも間がいいし、言葉の選び方もセンスがある。アナウンサーっていうのはやっぱりそのへんのセンスだと思うんだよ」

 他のテレビ関係者に聞いても「僕もゴルフ実況では森下さんが一番好きですね。余計なことをしゃべりすぎないのがいいと思う」という声が聞こえてきた。

25年以上ゴルフ実況に携わってきたベテランアナの技術とは?

 ゴルフ中継には他のスポーツからすれば極めて異質な面がある。

 さまざまなホールで同時多発的に競技が進行していくため、1人の人間が全てを現場でフォローすることは不可能。全体像を把握しようとするならば、中継モニターの映像に頼らざるを得ないということだ。

「タイガー(・ウッズ)のグランドスラムとかを実況していても、ゴルフだけは生で見たことはないんです」

 25年以上ゴルフの実況に携わってきた森下アナは笑いながら話してくれた。

【次ページ】 「ただのゴルフ好きのおっさんとして」実況する意識!?

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
森下桂吉
青木功
羽川豊
戸張捷
松岡修造

ページトップ