フェアウェイの舞台裏BACK NUMBER

経験を積むほど難しくなるのがゴルフ!?
失敗に強い“アラフォー”プロの活躍。 

text by

雨宮圭吾

雨宮圭吾Keigo Amemiya

PROFILE

photograph byKYODO

posted2012/06/08 10:30

経験を積むほど難しくなるのがゴルフ!?失敗に強い“アラフォー”プロの活躍。<Number Web> photograph by KYODO

ダイヤモンドカップでは、2日目から首位に立った藤田寛之が通算14アンダーの274で今季2勝目を上げた。

 藤田寛之と兼本貴司、42歳と41歳の2人がささやき合っていた。

「まだ真っ白だね。ゴルフのキャンバスも心も真っ白」

「おれたちなんてもうどこにも描けるところがないのになあ」

 5月下旬のダイヤモンドカップ。2人がうらやんでいたのは同組で回った22歳のルーキー、藤本佳則の若々しさだった。藤田は「藤本君は肌がいい。真っ白で。僕は長年の蓄積で真っ黒になっちゃってるから」と笑ったが、ベテランたちにとってまぶしく映ったのはルーキーの美白っぷりばかりではない。

「僕らのメンタルはもう結構グレーなんですよ」

 兼本が言う。

「僕らのメンタルはもう結構グレーなんですよ。あそこにいっちゃいけない。ここで曲げちゃいけない。ダフっちゃいけない。いろんなことがインプットされてしまっている。本当にゾーンに入った時なら消えるかもしれないけど、普段はそういうことが常に頭に残りながらやってるんです」

 どんなスポーツであっても、あるいはスポーツに限らず、経験というのは大きな武器であり、代え難い貴重な財産である。ましてやゴルフは経験のスポーツとも言われる。

 スプリントやフィジカルコンタクトがないため、体力的な衰えを実感するのはサッカーや野球などに比べればはるかに遅いはず。となれば、年月を重ねたベテランのアドバンテージは計り知れないのではないか。

 ところが、アラフォー世代に言わせると、ことはそう単純ではないらしい。

 藤田はダイヤモンドカップでグリーンエッジからのアプローチにパターを多用していた。ある意味アマチュア的な安全策で、少なくとも小技の名手にしては珍しいクラブ選択に見えた。

 もちろんこれには理由があった。

【次ページ】 失敗の記憶は心の奥底に澱のように溜まっていく……。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
藤田寛之
兼本貴司
高橋竜彦
藤本佳則

ページトップ