詳説日本野球研究BACK NUMBER

実力派揃いの2012年入団組から、
球団事情を加味して新人王を大予想。 

text by

小関順二

小関順二Junji Koseki

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2012/01/12 10:30

実力派揃いの2012年入団組から、球団事情を加味して新人王を大予想。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

ロッテのドラフト1位左腕・藤岡貴裕の東洋大での通算成績は、49試合登板で27勝9敗、防御率1.31。レベルの高い東都大学リーグでの抜群の実績を引っ提げ、プロ1年目から先発ローテーションの一角を狙う

 前評判が高く、その評判通りチームの中心になって働く選手が多かった昨年にくらべ、2012年の新人には“ブーム”と呼べるような期待のうねりがない。だが“不作”なのかというと、そんなことはない。藤岡貴裕(投手・東洋大→千葉ロッテ1位)をはじめ実力者が揃っている。

 昨年度のドラフト1位入団組は斎藤佑樹など大学生が7人、社会人2人、高校生3人と即戦力が多かった。それにくらべ、今年度は大学生4人、社会人3人、高校生5人と即戦力が少ない。それが全体の知名度に影響しているような気がする。

 スポーツマスコミは将来性のある高校生より、答えがすぐ出る即戦力を大きく報道する傾向がある。この原稿も「新人王候補」という焦点の当て方なので、高校卒新人の名前があまり出てこない。

 しかし、今年の高校卒新人はレベルが高く、「投手は通算30イニング以内、打者は通算60打席以内」の資格を有した彼らが数年後、新人王を獲得しても不思議ではない。とくに武田翔太(投手・宮崎日大→ソフトバンク1位)、高橋周平(遊撃手・東海大甲府→中日1位)は高校卒であっても即戦力度が高く、1、2年後にはマスコミから脚光を浴びる存在になっているような気がする。

リリーフタイプの技巧派左腕を候補に推す理由とは。

 前説が長くなった。今年の新人王の有力候補は誰なのか、早速、予想したい。まずは今ドラフトで指名された新人たちから候補者を挙げてみる。

◇パ・リーグ
嘉弥真新也 (投手・JX-ENEOS→ソフトバンク5位)
十亀剣 (投手・JR東日本→西武1位)
佐藤達也 (投手・Honda→オリックス3位)
藤岡貴裕 (投手・東洋大→ロッテ1位)
鈴木大地 (遊撃手・東洋大→ロッテ3位)

◇セ・リーグ
太田裕哉 (投手・日本製紙石巻→ヤクルト4位)
高木京介 (投手・国学院大→巨人4位)
江柄子裕樹 (投手・東芝→巨人6位)
伊藤隼太 (外野手・慶大→阪神1位)
野村祐輔 (投手・明大→広島1位)

 上位指名の選手だけでなく、下位指名の嘉弥真、太田、高木、江柄子も候補に挙げた。江柄子以外、全員左投手というのがキーポイント。昨年、同じ左腕のリリーフタイプ、榎田大樹(阪神)、久古健太郎(ヤクルト)、大原慎司(横浜)が活躍した。球界の左打者優位が依然として変わらない以上、左腕のリリーフタイプが活躍できる土壌は今季も同じと考えた。

 違うのは、スリークォーターの榎田、久古にくらべ、嘉弥真、太田、高木の3人がオーソドックスな投球フォームなこと。彼らが1年目から活躍するためには、左打者に嫌がられる変化球を身につけることが条件になる。

【次ページ】 今年デビューするルーキー以外にもいる新人王候補たち。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/5ページ
関連キーワード
藤岡貴裕
千葉ロッテマリーンズ
鈴木大地
乾真大
北海道日本ハムファイターズ
榎下陽大
野村祐輔
広島東洋カープ
伊藤隼太
阪神タイガース
武藤祐太
中日ドラゴンズ
小熊凌祐
中村勝
川原弘之
福岡ソフトバンクホークス

ページトップ