Sports Graphic Number PLUSBACK NUMBER

<海外移籍2年目の対談> 槙野智章×安田理大 「欧州サッカーは、こんなに愉しい!」 

text by

了戒美子

了戒美子Yoshiko Ryokai

PROFILE

photograph byTomoki Momozono

posted2011/09/10 08:02

<海外移籍2年目の対談> 槙野智章×安田理大 「欧州サッカーは、こんなに愉しい!」<Number Web> photograph by Tomoki Momozono
ドイツ、オランダで挑戦を続ける同級生二人。
新たなシーズンを迎え、自らの現状やリーグの魅力、
欧州で戦う仲間たちについて語り合った。

――欧州に移籍して、2シーズン目がスタートしましたが、心境はいかがですか?

槙野 今年の冬に移籍して来て、この8カ月間、ブンデスのスタイルやケルンというチームの戦い方を学ぶことができた。やっとスタートラインに立てたと思っています。

安田 俺は2シーズン目だからって特別なことはなにもなくて、いつだって、練習で良いプレーが出来たら試合には出られると思ってる。そういう気持ちで毎日練習をして、それで出られないなら、日本に帰るだけ。あっ、言い間違えた(笑)。欧州で成功するまで日本には戻らない。1シーズンを通して、活躍するまで帰るつもりはないよ。

「僕たちと同い年のメッシやセスクは、20歳の頃から活躍していた」(安田)

槙野 誌面で宣言する?

安田 もちろん。その気持ちがなければやっていけないから。

槙野 いいねえ。お互い勝負はこれからだね。

安田 まさにそう。でもオランダがドイツと大きく違うのは、若手選手が強豪クラブを目指すためのショーケース的なリーグだっていうところ。だから、それぞれが決死の覚悟でアピールするんだ。欧州にきて器用さが俺のストロングポイントだって分ったから、ミニゲームでもフォワードに入ったり、左に行った後は、わざと右に行ったりしているよ。

槙野 すごいね、ミチは。俺は逆だなぁ。今、壁にぶつかっているのは、器用貧乏じゃダメだということ。サイドバック、センターバック、ボランチのポジションを与えられて、全部それなりにやれると思われるとベンチに置いておく便利な存在になる。ここでは、自分のストロングポイントを出さないと認められないんだ。

安田 それに加えて、言葉で伝えていく事も必要だと思う。監督には「俺は左サイドバックが一番得意だけど、他のポジションでも他のやつより出来る」って言っといたよ。

槙野 すごいな(笑)。でもそれは大事かもしれない。俺もチームメートに、「お前、試合に出てないけど、監督とは話したのか?」って聞かれたからね。

安田 Jリーグから、欧州に移籍してきて、後悔したことはあった?

【次ページ】 「欧州でサッカーをするマイナスなんてない」(安田)

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
槙野智章
安田理大
ケルン
フィテッセ

ページトップ