JリーグPRESSBACK NUMBER

遠藤保仁の“凄み”とは何なのか?
天皇杯に和製シャビ・アロンソを見た! 

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph byToshiya Kondo

posted2010/01/06 12:40

遠藤保仁の“凄み”とは何なのか?天皇杯に和製シャビ・アロンソを見た!<Number Web> photograph by Toshiya Kondo

 元日の天皇杯・決勝の名古屋戦は、まさに“ヤット・ショー”とでもいうべき遠藤保仁の独り舞台だった。

 ほんの3日前の準決勝・仙台戦では、淡々としたプレーで、さほど存在感を示せたわけではなかった。だが、決勝戦は2ゴ-ル1アシスト、ルーカスの先制点も起点になるなど4点すべてに絡み、獅子奮迅の活躍で、ガンバ大阪を優勝に導いたのである。

「あんなすごいヤットを初めて見た」

 そう唸ったのはGK松代直樹だが、この日の遠藤はチームメイトにも見せたことがないほどの“本気”といくつもの“凄さ”を見せ付けた。

 その凄さとは、いったい何だったのか。

シャビ・アロンソの素早い攻守の切り替えを意識した遠藤。

 この日、遠藤は、いつも以上に「攻撃に転じた時の動き出しの早さとシュート」を意識したという。これは、日本代表の岡田監督が重視する切り替えの早さでもある。確かに、中盤ではフラフラと漂うようにプレーしていたが、味方がボ-ルを奪うや否や一気にスピードアップし、積極的にボールに絡んだ。それは、以前から気にしているというある選手の動きと重なった。

 スペインのシャビ・アロンソである。

 遠藤は、シャビ・アロンソのプレーについて、興味深い発言をしていた。

「シャビは、守備の時はそれほど動いていないけど、いざ攻撃になるとすごいスピードで前に出てプレーするんだよね。いろんなところに顔を出して、パスを受けて、自分でも飛び出して行く。で、決定的な仕事をする。攻撃に転じた時の最初の1歩がすごく早いからフリーになれるんであって、いいポジションをキープすることができる。世界で戦うには、攻撃に転じた時の最初の1歩の早さ。それが、すごく重要なんだよ」

「相手よりも1歩先に動き出すことを常に考えている」

 この日の遠藤は、その狙いが明確だった。中村直志らにマークされていたが、味方がボールを奪った瞬間、素早い動き出しで彼らを置き去りにし、前線に飛び出していった。また、前線でパスに絡む回数が非常に目立ち、味方の攻撃の際、逆サイドなどで遠藤がフリーでいるシーンが度々見られた。

 ゴールでも2点目などは、2列目からさっと飛び出しボックス内でいいポジションを取り、その時点でもうゴールを決めた感さえあった。相手の機先を制することができれば、自分の技術を生かし、決定的な仕事ができる。それを、完璧に示したのである。

「相手よりも1歩先に動き出すことを常に考えていれば、よりイイ状況でボールをもらうことができるし、相手よりも有利な状況でボックス内に飛び込むことができる。世界基準では、そういうプレーをするのが普通だし、今日はそれが少しは出来たかなと思う」

<次ページに続く>

► 【次ページ】  加地も驚いた、遠藤の「滅多に見せない個人技」とは?

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
シャビ・アロンソ
遠藤保仁
ガンバ大阪
天皇杯
南アフリカW杯

ページトップ